2017年夏モデルスマートフォン特集!

2017年夏モデルのスマートフォン一覧です。簡易スペックと発売キャリアを機種ごとにまとめています。

発売キャリア名をクリックすると、各キャリアの記事にジャンプします。

《夏モデル発表時の記事》

 NTTdocomo(5月24日開催)

 au(KDDI)(5月30日開催)

 SoftBank(5月11日発表)

*情報は随時更新しています。

◇ハイエンドモデル

Samsung「Galaxy S8 / S8+」

Galaxy S8とGalaxy S8+は、Samsungのフラグシップスマホ「Galaxy S」シリーズの第8世代となる次世代スマホ。限りなくベゼルを削った「Infinity Display」で大迫力の映像体験が可能。カメラも暗い所でも明るく素早く撮れるデュアルピクセルカメラを採用し、どんな瞬間も逃さず撮影できます。

主要スペック
 Galaxy S8Galaxy S8+
OSAndroid 7.0Android 7.0
ディスプレイ5.8インチ:2,960×1,440(QHD+)6.2インチ:2,960×1,440(QHD+)
CPUQualcomm Snapdragon 835Qualcomm Snapdragon 835
RAM/ ROM4GB/ 64GB4GB/ 64GB
バッテリー容量3,000mAh3,500mAh
メインカメラ1200万画素/ F1.71200万画素/ F1.7
フロントカメラ800万画素/ F1.7800万画素/ F1.7
セキュリティ指紋認証、虹彩認証、顔認証指紋認証、虹彩認証、顔認証
その他IPX5/8 IP6X 防水防塵IPX5/8 IP6X 防水防塵
発売キャリア

 

Sony「Xperia XZ Premium」

「Xperia XZ Premium」はSnapdragon 835を搭載したXperiaシリーズ最上位モデル。最大960fpsのスーパースローモーション撮影機能や5.5インチの4K HDRディスプレイを搭載し、国内キャリア唯一の取扱となったドコモ版では下り最大788Mbpsで国内最速のPremium 4Gの通信に対応します。

主要スペック
 Xperia XZ Premium
OSAndroid 7.1
ディスプレイ5.5インチ:(2160×3840、4K HDR)
CPUQualcomm Snapdragon 835
RAM/ ROM4GB/ 64GB
バッテリー容量3,230mAh
メインカメラ1920万画素/ F2.0
フロントカメラ1320万画素/ F2.0
セキュリティ指紋認証
その他IPX5/8 IP6X 防水防塵
発売キャリア

HTC「HTC U11」

HTC U11はHTC設立20周年で満を持して登場したフラッグシップモデル。追加された新UIの「Edge Sense」で「Squeeze:握る」だけでカメラを起動して撮影したり音声アシスタントを呼び出したりと簡単に操作可能。DxO MARKでスマホ史上最高の90ポイントを獲得したカメラも搭載し、Snapdragon 835を搭載して高いパフォーマンスが可能。音声アシスタントはAmazon AlexaとGoogleアシスタントに世界で初めて両対応した端末です。

主要スペック
 HTC U11
OSAndroid 7.1
ディスプレイ5.5インチ:(2,560×1,440、WQHD)
CPUQualcomm Snapdragon 835
RAM/ ROM4GB/ 64GB
バッテリー容量3,000mAh
メインカメラ1,200万画素/ F1.7
フロントカメラ1,600万画素/ F2.0
セキュリティ指紋認証
その他IP67 防水防塵
発売キャリア

 

Sony「Xperia XZs」

Xperia XZsは、MWC2017で発表されたXperiaシリーズの最新モデル。Xperia XZで人気だった機能を進化して搭載させたほか、世界で初のメモリ積層型イメージセンサーを搭載するなど、最新のカメラも搭載しています。

主要スペック
 Xperia XZs
OSAndroid 7.1
ディスプレイ5.2インチ:1,920×1,080(Full HD)
CPUQualcomm Snapdragon 821
RAM/ ROM4GB/ 32GB
バッテリー容量2,900mAh
メインカメラ1920万画素
フロントカメラ1320万画素
セキュリティ指紋認証
その他IPX5/8 IP6X 防水防塵
発売キャリア

  

SHARP「AQUOS R」

SHARPのAQUOS Rは、高画質なHDR技術にも対応した約5.3インチ、WQHDのハイスピードIGZOディスプレイを搭載するSHARPの新フラッグシップ端末。光学式・電子手ぶれ補正に両対応した高解像度カメラも搭載しています。

主要スペック
 AQUOS R
OSAndroid 7.1
ディスプレイ5.3インチ:2560×1440(WQHD)
CPUQualcomm Snapdragon 835
RAM/ ROM4GB/ 64GB
バッテリー容量3,160mAh
メインカメラ2260万画素/ F1.9
フロントカメラ1630万画素
セキュリティ指紋認証
その他IPX5/8 IP6X 防水防塵
発売キャリア

  

◇ミドルレンジモデル

富士通「arrows Be」

富士通の「arrows Be (F-05J)」は、Android7.1搭載のミドルレンジスマートフォン。割安な価格ながら防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグといった日本向けの機能を搭載します。ディスプレイは5.0インチのTFTディスプレイ(HD、720×1280ドット)。CPUはSnapdragon 410、RAM(メモリ)は2GB、内蔵ストレージは16GB。メインカメラは約1310万画素で、電子式の手ブレ補正機能を搭載。インカメラは約500万画素となっています。

発売キャリア

Samsung「Galaxy Feel」

Samsungの「Galaxy Feel (SC-04J)」はNTTドコモ限定のモデルとして発売されるミドルレンジスマートフォン。ベースは海外で販売されている「Galaxy Ace 3 2016」で、ディスプレイは4.7インチの有機ELディスプレイを搭載。IPX58/IP6X相当の防水・防塵に対応し、メインカメラは約1600万画素、インカメラは約500万画素。チップセットはSamsungのExynos 7870で、RAM(メモリ)は3GB。ROM(内蔵ストレージ)32GBのストレージを搭載します。

発売キャリア

SHARP「AQUOS ea」

「AQUOS ea」は、5.0インチ、1280×720ドットのIGZOディスプレイを搭載するミドルレンジモデル。Snapdragon 617、2GB RAM/16GB ROM搭載で約1310万画素のメインカメラ、約500万画素のインカメラを備えます。3010mAhのバッテリーを搭載し、防水防塵(IPX5/8、IP5X)性能にも対応します。

発売キャリア

京セラ「TORQUE」

京セラの「TORQUE」は、ディスプレイガラスを強化する構造を新たに採用した京セラ製タフネススマートフォンの最新モデルで、1.8mの高さから鉄板・コンクリートに落下させる耐久試験にクリア。ディスプレイの表面ガラスには「Dragontrail X」を採用した上で、耐擦傷性の高いコーティングが施されたアクリルスクーンを表面に配置した「ハイブリッドシールド構造」を採用し、ガラス割れを防ぐ新構造となっています。また画面や手が濡れた状態でも使えるウェットタッチと、グローブをしたままでも使えるグローブタッチも進化し、夏のアウトドアにも最適です。

発売キャリア

◇エントリーモデル

京セラ「DIGNO G」

京セラのDIGZO Gは、5.0インチHD(1280×720)液晶、Snapdragon 425、2GB RAM/16GB ROM搭載のY!mobileのAndroid One「S2」をベースにしたスマホ初心者向けエントリーモデル。1300万画素のメインカメラ、200万画素のインカメラを備え、防水防塵(IPX5/7、IPX5X)もサポートします。

発売キャリア

auオリジナル「Qua phone QX」

Qua Phoneシリーズは、auのオリジナルブランドとして展開されているスマートフォンで、製造の担当は京セラ。フィーチャーフォンから乗り換えるユーザーにも使いやすいよう、特に通話関連の機能が強化されているのが特徴です。フィーチャーフォンからの乗り換えを意識した仕様として、液晶画面の下に電源ボタンを配置しているなど、スマホ初心者向けの仕様となっています。

発売キャリア