ガジェットイベント・発表会

世界各地で開催される、モバイルやカメラといったイベント・発表会・展示会の紹介です。関連記事、イベント中に発表された製品についての記事のタグリンクを掲載しています。

CES

CES(Consumer Electronics Show)は、毎年1月にアメリカのラスベガスで開催される世界最大規模のテクノロジーの祭典です。家電、自動車、IT、ネット業界にとって恒例の行事となっており、多くの企業がここに出展します。こちらは取引専門のショーであり、一般公開はされていません。

MWC

MWC(Mobile World Congless)は毎年2月頃にスペインのバルセロナで開催されている世界最大級のモバイルと通信関連の展示会で、世界中の携帯電話会社や製造メーカーなどが出席するカンファレンスも同時に開催されます。年はじめに開催されることもあり、多くの携帯電話メーカーが新製品をここで発表します。

COMPUTEX

COMPUTEXは、毎年5月末頃に台湾の台北で開催されるアジア最大のIT見本市です。グローバル情報通信やIoTテクノロジーの指標となる見本市で、特にコンピュータ関連の最新技術の展示や発表が行われます。

IFA

IFAは、毎年夏にドイツのベルリンで開催されるコンシューマ・エレクトロニクスとホーム・アプライアンス業界の世界屈指のグローバルイベントです。1924年の初開催から90年以上の歴史を誇り、エレクトロニクス関連業界のグローバルな新製品がデビューする場として注目を集めています。

CeBIT

CeBITは、ドイツのハノーヴァーで開催されるIoTの国際見本市です。IoTやデジタル化をテーマにしたB to Bの展示会で、エレクトロニクス界の最新動向が分かります。

フォトキナ(Photokina)

フォトキナ(Photokina)は、ドイツのケルンで2年に1度、西暦が偶数の年の9月に開催される、カメラ・写真関連の世界最大の見本市です。毎回多くの新製品やコンセプトモデルが発表され、向こう2年間の機材開発の方向性を占うという意味で、一般のバイヤーのほか開発担当者からも注目を浴びます。

CP+

CP+は、毎年横浜で行われるカメラと写真のコンシューマー向け展示会で、フォトイメージングエキスポの後継にあたります。カメラ市場は日本のメーカーが世界で圧倒的なシェアを誇っていることもあり、多くの企業がこのCP+に合わせて新製品の発表を行います。また写真映像文化を包括的に発信するイベントとしての意味合いもあり、セミナーなども多く開催されています。

Google I/O

Google I/Oは、Googleが主催する開発者向けのイベント。毎年5月にサンフランシスコで開催されています。Webやモバイルをはじめ様々なトピックについて技術的な議論が交わされ、Googleが新サービスや新技術について発表することも多くなっています。

WWDC

WWDC(Worldwide Developers Conference)Appleが毎年開催している開発者向けイベントです。通例夏ごろにサンフランシスコで行われ、開発者向けのセミナーや会議が開催されます。同時に、Appleの基調講演として新製品の発表の場となっており、主題であるmacOSやiOS関連以外にも大きな発表がある場合が多く、大きな注目を集めます。

めんたいガジェットフェス

九州・博多から発信するガジェット系イベント「めんたいガジェットフェス(通称:めんたい)」。業界の著名人やメーカーによるセッションとタッチアンドトライを実施するイベントで、多くのガジェットファンが集います。