JR九州・門司港駅の復原駅舎が2019年3月グランドオープン 大正3年創建の駅舎にスタバなど入居

JR九州は年7月25日、2012年から保存・復原工事を進めている鹿児島本線・門司港駅(北九州市門司区)の駅舎について、2019年3月にグランドオープンすると発表しました。2018年11月には一部の使用が開始されます。

JR九州プレスリリース

門司港駅は九州における鉄道の玄関口として、1891年(明治24年)に「門司」駅として開業

現在の駅舎は1914年(大正3年)に創建されたもので、1942年(昭和17年)に関門海峡をくぐる関門トンネルの開通にあわせて「門司港」駅に改称し、現在に至ります。1988年(昭和63年)には鉄道駅として初めて、駅舎が国の重要文化財に指定されました。

復原工事前の門司港駅(2011年5月撮影)

駅舎の保存・復原工事は2012年からはじまり、大正3年の創建当時の姿に戻すべく調査・復元作業が進められてきました。

外壁は石貼り風にモルタルを塗り、屋根は天然の石盤を葺き、さらに屋根まわりの飾りを復原して当時の姿を復原。1929年(昭和4年)に設置された正面車寄せのひさしは取り除きます。

一方、門司港駅のシンボルである駅舎正面の大時計(1918年設置)や西側の通路上家(1931年増築)などは、その歴史的価値を尊重し、そのまま残されます。

駅舎内部の1階旧三等待合室は、淡い黄色に塗装した腰壁と天井や白い漆喰壁など、建築当初の姿を復原。構造補強を兼ねたエレベーターを新設し。グランドオープン後は「スターバックスコーヒー 門司港駅店」(仮称)が入居します。北野異人館店(神戸市)など文化財の中の店舗経営で実績のあるスターバックスがカフェの運営を担い、店舗は門司港駅の大正時代の待合室の雰囲気を残しつつ、スターバックスらしい落ち着いた雰囲気の空間づくりをめざすといいます。

2階の食堂は、こげ茶色のワニス塗装を施した腰壁と天井、白い漆喰壁、シャンデリアなど建設当初の内観を復原。グランドオープン後はレストラン「みかど食堂 by NARISAWA」が開店します。「地元のお客さまに愛され、門司港のシンボルとして誇れる洋食レストラン」をコンセプトに、西洋の食文化と日本の食文化が融合した懐かしい料理、大正時代の駅舎に復原された重要文化財で味わう上質な雰囲気、ていねいであたたかいおもてなしを提供する。

門司港駅の旧「みかど食堂」は大正3年の駅舎開業と同時に営業を開始した高級洋食店です。当時、山陽鉄道(後の山陽本線など)の急行列車内で食堂車を運営していた株式会社みかどが、全国に駅舎で手掛けていた高級洋食店だといいます。

JR九州によれば「名物のカレーはソースポットで提供され、テーブルにはフィンガーボール、内装もシャンデリアが吊るされるなど豪華で贅沢な空間でした。 復原工事中に旧厨房の床下から発見された伝票によると、1日に200組の来店があり大変にぎわっていたようですが、関門トンネルの開通によりお客さまが次第に遠のき、昭和56年ついにその歴史に幕を下ろした」といいます。

新たに開店する「みかど食堂 by NARISAWA」の料理は、東京・南青山のレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフで、「JRKYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』」のスイーツコースの演出も務める成澤由浩さんが監修。「地元のお客さまに愛され、門司港のシンボルとして誇れる洋食レストラン」をコンセプトに、「西洋の食文化と日本の食文化が融合した懐かしい料理」が提供されます。

今後、2018年11月10日には、券売機や「みどりの窓口」が仮駅舎から復原駅舎に切り替わります。

このほかの、1階の待合室やカフェ、ギャラリー、2階の食堂、貴賓室などは2019年3月のグランドオープン時に同時オープンする予定です。

JR九州は「これからの門司港を100年先まで見守り続ける門司港駅にご期待ください」としています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい