JR西日本、19年春開業「おおさか東線」北区間の新駅名を発表 南吹田・JR淡路・城北公園通・JR野江の4駅

JR西日本は7月24日、建設を進めているおおさか東線新大阪~放出間に設置する4駅の名称を発表しました。

新大阪側から「南吹田(みなみすいた)」「JR淡路(じぇいあーるあわじ)」「城北公園通(しろきたこうえんどおり)」「JR野江(じぇいあーるのえ)」の4駅が設置され、おおさか東線の未開業だった北区間が2019年春に開業します。

JR西日本プレスリリース

【おおさか東線関連記事】

おおさか東線は、放出~久宝寺間を結ぶJR線。2019年春に新大阪~放出間を延伸開業し、全区間(20.3km)の開業を目指して建設中です。

線路は元々この区間にあった城東貨物線を旅客化・複線化して改良したもので、「南区間」の放出―久宝寺間は2008年に開業2019年春に新大阪ー久宝寺間の全区間開業を目指します。

同路線は大阪市中心部から放射状に延びる私鉄・地下鉄などを南北に結び、「大阪外環状」としての役割を持つことから東海道・山陽新幹線や梅田ビジネス街などへのアクセス向上が期待されます。

2008年3月の開業時は、南から高井田中央・JR河内永和・JR俊徳道・JR長瀬・新加美の5駅が設けられ、今年春にJR長瀬~新加美間に新駅・衣摺加美北駅が開業しました。

新大阪駅の先からJR京都線(東海道本線)をまたぎ、南吹田駅方向に南進する、おおさか東線の高架橋

北区間に設置されるのは4駅。

新たに決まった駅名は、南吹田(大阪府吹田市)、JR淡路(大阪市東淀川区)、城北公園通(旭区)、JR野江(城東区)です。これまでの仮称はそれぞれ、西吹田、淡路、都島、野江駅でした。

南吹田駅は所在地であり、吹田市の最南端の駅となることから。JR淡路駅は隣接する地域の名称であり、阪急線の淡路駅と区別するため「JR」を冠します。城北公園通駅は旭区と隣接する都島区を貫く通りの名称から。JR野江駅は所在地の名称であり、京阪本線の野江駅と区別するため「JR」を冠した名称とします。

4駅はいずれも高架駅で、上下線をホームではさむ「相対式ホーム」です。8両編成に対応し、各ホームにエレベーター1基とエスカレーター2基が設置されます。また、片町線(学研都市線)の鴫野駅にも、おおさか東線の列車が停車するようになります。

新大阪駅では現在ホームの改修工事が行われ1号ホーム(1・2番のりば)は、2019年春からおおさか東線が発着する予定です。

設置される駅の殆どが、大阪市内から郊外に伸びる路線と接続し、さらには新大阪駅から東海道貨物線を通って、建設中のなにわ筋線に接続する構想もあります。(なにわ筋線についてはこちら→「なにわ筋線」ついに実現 阪急が新線建設で乗り入れも 2031年春全線開通で関空へのアクセス大幅向上

各駅の接続は以下のようになっています。

  • 新大阪駅―新幹線・JR京都線(東海道本線)・地下鉄御堂筋線に接続
  • (新)南吹田駅
  • (新)JR淡路駅―阪急京都線・阪急千里線に接続
  • (新)城北公園通駅
  • (新)JR野江駅―京阪本線に接続
  • 鴫野駅―地下鉄今里筋線・JR片町線(学研都市線)に接続
  • 放出駅―JR片町線(学研都市線)に接続
  • 高井戸中央駅―地下鉄中央線・近鉄けいはんな線と接続
  • JR河内永和駅―近鉄奈良線に接続
  • JR俊徳道駅―近鉄大阪線に接続
  • JR長瀬
  • 衣摺加美北駅
  • 新加美駅―JR大和路線(関西本線)と接続
  • 久宝寺駅―JR大和路線(関西本線)と接続

2019年春には、おおさか東線が全線開業することで、大阪東部エリアの鉄道ネットワークが充実することになります。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい