京都紅葉旅!α6000で瑠璃光院・高台寺・清水寺…を撮ってきた!/京都観光は私鉄で行こう【写真】

こんにちは豆助です!

今回はまともな「日々のできごと」です笑

11月12日土曜と20日日曜に、京都の仏閣の紅葉を見に行ってきました!

やっぱり、どこも美しい… 特にライトアップされた紅葉というのは、昼とはまた違う趣で素晴らしかったですね。。

今回はα6000で撮った写真とスポット情報を交えながらお伝えします。(圧縮してますので荒いかもしれません)

【洛北】源光庵:丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」

dsc00623-min dsc00626-min dsc00627-min dsc00633-min

基本情報はこちら。

  • 正式名:鷹峯山寶樹林源光庵 
  • 所在地: 京都市北区鷹峯北鷹峯町47
  • アクセス:市バス6番・北1番系統「鷹峯源光庵前」下車徒歩約1分
  • 拝観時間: 9:00-17:00(法要行事等で拝観を中止することがあります)
  • 電話番号: 075-492-1858
  • 拝観料:大人400円、小学生200円 
  • Trip Adviser:4.5/5

四角い窓(迷いの窓)と丸い窓(悟りの窓)で有名な源光庵は、自然豊かな京都・洛北の小さなお寺です。あわただしい毎日に追われてココロがささくれ立ってしまった方や、とにかく人が多い観光スポットに飽きてしまった方は、一度源光庵へ足を運んでみてください。

秋シーズンは少し人が多いですが、他の観光地ほどではありません。

僕が行った12日はまだ紅葉の見頃には早かったですが、それでも窓、縁側から美しい庭園を堪能できました。

【東山】知恩院:国宝に囲まれて

dsc00640-min dsc00649-min dsc00650

基本情報はこちら

  • 正式名:華頂山 知恩教院 大谷寺
  • 所在地:京都市東山区林下町400
  • TEL:075-531-2111
  • 拝観料:(庭園共通)大人500円、中学・小人250円
  • 拝観時間:9:00~16:00(年中無休) ※山行事の為、変更・拝観停止の場合有り
  • アクセス:京阪「祇園四条駅」阪急「四条河原町駅」下車徒歩約15-20分、地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩約10分、京都市バス「知恩院前」下車徒歩約5分
  • Trip Adviser:4.0/5
  • 公式ウェブサイト:http://www.chion-in.or.jp

僕が行ったときはたまたま特別拝観日で、拝観料は無料でラッキーでした!

残念ながら本堂は工事中で見られませんでしたが、美しい庭園はやはり見事。国宝・山門と紅葉のコントラストも素晴らしかったですね。

ちなみに夜のライトアップもあります!

秋の紅葉ライトアップ2016

  • 期間: 2016年11月3日(木・祝)~12月4日(日)
  • 拝観時間: 17:30~21:30(21:00受付終了)
  • 場所: 友禅苑、三門、宝佛殿、女坂
  • 拝観料: 大人800円(高校生以上) 小人400円(小・中学生)

【東山】高台寺:池に映る赤い紅葉

dsc00679-min dsc00681-min dsc00683-min dsc00686-min

dsc00691-min dsc00692-min

基本情報はこちら

  • 正式名: 鷲峰山高台寺
  • 所在地: 京都府京都市東山区下河原町 八坂鳥居前下る下河原町526
  • 拝観時間: 9:00~17:00
  • 電話番号: 075-561-9966
  • アクセス:市バス「東山安井」下車徒歩約5分、京阪「祇園四条駅」阪急「河原町駅」下車徒歩約20分
  • 拝観料:大人:600円 中学生:250円 小学生以下:無料(要・父兄同伴)
  • Trip Adviser:4.5/5
  • 公式サイトURL:http://www.kodaiji.com/index.html

高台寺は「ねねの寺」とも呼ばれ、慶長11(1606)年、豊臣秀吉の菩提を弔うため正室のねねが建立したお寺です。境内には秀吉公像とねね様像がお堂の中に鎮座しています。

大河ドラマ「真田丸」を見ているのでとてもタイムリーでした!そして池に映える紅葉がなんとも美しい!12日に訪れた中では一番です。

こちらもライトアップがあります。

秋の夜間特別拝観

  • 日程:2016年10月21日~12月11日
  • 時間:9:00~21:30 受付終了(日没よりライトアップ)
  • 料金:600円(掌美術館見学付)

【東山】南禅寺:荘厳な仏閣と明治建築のコントラスト

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

dsc00701-min dsc00703-min

基本情報はこちら

  • 正式名:臨済宗大本山 南禅寺
  • 所在地:京都市左京区南禅寺福地町86
  • 電話番号:075-771-0365
  • 拝観時間:8:40~17:00(受付終了16:40)、12~2月は16:30(受付終了16:10)
  • 拝観料:境内無料(三門500円、方丈庭園500円)
  • アクセス:市バス「南禅寺・永観堂道」下車徒歩約10分、地下鉄東西線「蹴上駅」下車徒歩約10分
  • Trip Adviser:4.5/5
  • 公式サイト:www.nanzen.net/

南禅寺は、僕が京都に来て何度も足を運んでいる大好きなお寺の一つです。

あの石川五右衛門が登って京都市中の景色を見ながら「絶景かな、絶景かな」と叫んだ巨大な山門に始まり、南禅寺の仏閣建築はスケールが大きい!そしてなんといっても、明治時代に京都が水不足となった際、琵琶湖から水を引くために建設された「琵琶湖疏水」。その京都側の水路が南禅寺の境内にあるんです。

南禅寺の最寄り駅「蹴上(けあげ)」も、もとは「蹴上インクライン」という琵琶湖疏水の急斜面で、船を運航するために敷設された全長582mの世界最長の傾斜鉄道からきています。もちろん蹴上インクラインの線路跡もみることができますよ!

もとに戻ります。その琵琶湖疏水の現役の水路が、南禅寺境内に「水路閣」として残っています!上に登って水の流れを見ることもできます!紅葉と明治建築と仏閣と。最高です。

dsc00696-mindsc00705

と、12日はここで終了。続いて20日の紅葉旅です。

【洛北・八瀬】瑠璃光院:2ヶ月の幻、極上の体験

dsc00803-min dsc00762-min dsc00771-min dsc00777-min dsc00781-min

基本情報はこちら

  • 正式名:瑠璃光院(るりこういん)
  • 所在地:京都市左京区上高野東山55
  • TEL:075-781-4001
  • 拝観期間:2016年4月1日~5月31日10月1日~12月4日 ※春・秋の特別拝観のみ
  • 拝観時間:10:00~16:30 ※春・秋の特別拝観のみ
  • 拝観料:2,000円/中高生 1,000円/小学生以下 無料
  • 交通アクセス:叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」下車徒歩5分、京都バス「八瀬駅前」下車徒歩7分
  • Trip Adviser:4.5/5
  • 公式ウェブサイト:http://rurikoin.komyoji.com/

洛北は八瀬にひっそりと佇む由緒あるお寺「瑠璃光院」。春と秋のわずか2ヶ月ずつしか拝観できない、まさに幻の絶景です。

丁寧に手入れされた庭園を2階と1階の縁側から望むことができ、特に2階はピカピカに磨かれた床や机に紅葉が反射して、まるで池に映った風景でも見ているよう。どこを切り取っても絵になります。

拝観料は2000円と、京都トップクラスの高さですし、その人気の高さから長時間待ちますが、この風景を見たら、金額も待ち時間もどうでも良くなります。それくらい美しかった!リピ決定です。風景写真家たちも皆魅了され、わざわざ写真を撮りにこの地へ訪れるのだとか。

瑠璃光院の美しさは他の観光地とは群を抜いています(拝観料も)。春の新緑を見に、また訪れたいと思います。

ちなみに待ち時間の八瀬の景色もとても綺麗でした!

dsc00733-min dsc00737-min dsc00739

【嵐山】宝厳院:庭を回遊して紅葉を堪能

dsc00875-min dsc00900-min

基本情報はこちら

  • 正式名:天龍寺塔頭 宝厳院
  • 所在地:京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
  • TEL:075-861-0091
  • 拝観時間:2016/10/1(土)~12/4(日) 9:00~17:00
  • 拝観料:大人…500円 小中学生…300円(弘源寺割引共通券900円)
  • アクセス:JR嵯峨野(山陰)線「嵯峨嵐山駅」下車徒歩15分、バス「嵐山」「嵐山駅前」下車徒歩5分、嵐電(京福電鉄)「嵐山駅」下車徒歩5分
  • 公式サイト:http://www.hogonin.jp/

秋の夜間特別拝観

  • 【秋の夜間特別拝観】2016年 11月11日(金)〜12月4日(日)
    【嵐山花灯路特別拝観】2016年 12月9日(金)〜12月18日(日)
  • 拝観時間:午後5時30分~午後8時30分閉門 ※受付終了:午後8時
  • 拝観料:大人600円 小中学生300円

こちらは嵐山天龍寺内にある「宝厳院」。

嵐山にはほんとは渡月橋などのライトアップが行われる「花灯路」目当てできたのですが、まさかの12月からじゃん、ってことで宝厳院へ。

宝厳院は嵐山を借景とする「獅子吼の庭」を回遊します。普段は公開されていませんが、紅葉と巨石を配した広い庭園内を紅葉を楽しみながら散策できます。

僕が行ったのは夜間ライトアップ。(瑠璃光院並びすぎて嵐山についたときは既に日が暮れていた)

ライトアップは広い庭園をすみずみまで紅葉を照らしていて、人が多かったですがとにかく美しいの一言でした。ライトアップで照らされた紅葉はとても幻想的です。

dsc00833-min

ちなみに嵐山花灯路はまだだったので渡月橋はこんな感じ。

【東山】清水寺:市中を見下ろす京随一の絶景

dsc00904-min dsc00913-min dsc00935-min dsc00942-min

基本情報はこちら

  • 正式名:音羽山清水寺
  • 所在地:京都市東山区清水1-294
  • 電話番号:075-551-1234
  • 拝観時間:6:00~18:00(夜間拝観実施時は~21:00(受付終了))
  • 夜間拝観:【春】3月12日~21日、3月26日~4月10日【夏】8月14日~16日【秋】11月12日~12月4日
  • 拝観料:大人400円、中学生以下200円
  • アクセス:京阪「清水五条駅」下車徒歩25分、バス「五条坂」「清水道」下車徒歩15分
  • Trip Adviser:4.5/5
  • 公式サイト:http://www.kiyomizudera.or.jp/

言わずと知れた京都随一の絶景が見られる清水寺。

国宝の本堂を取り囲む色鮮やかな紅葉は、舞台から眼下に広がる赤を見下ろしたり、奥の院から清水の舞台の全景を見渡したりと、場所によって様々な角度から表情を変える姿を楽しめます。

毎年、夜間拝観時には多くの人が訪れ、僕が行ったときも坂までは並んでいなかったものの、舞台を通って奥の堂へ向かう道が大混雑。写真も一部規制されていましたが、フォトエリアもちゃんと確保されていて撮ることができました。

しかし、突然ここでカメラのバッテリーがダウン!!予備バッテリーを忘れてしまってピンチでしたが、なんとか放電させてバッテリーを復活させて撮ったのがこの写真たちです。もう少し準備して撮りたかった…。

【番外編】京都観光は私鉄で行こう

a

areamap2今回の紅葉旅、20日は京都観光でおなじみの「市バス・京都バス1日乗車券」(500円)を利用せず、「嵐山・東山1dayチケット」を利用して、一切バスに乗らない京都観光を実践しました。

京阪電車各駅で発売するこのチケットは、京阪電車の各駅〜伏見稲荷駅の往復伏見稲荷駅〜出町柳駅【乗降自由】嵐電(京福電車)全線【乗降自由】阪急電車の河原町〜桂駅〜嵐山駅【乗降自由】というエリアで自由に使えるきっぷです。

発売額は乗車駅により異なり、伏見稲荷~出町柳間の駅で買うと1000円京阪本線のその他の駅でも最大1300円で、阪急も京阪も嵐電も乗れるという夢のような切符です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

例えばバスで四条河原町から嵐山に向かおうと思うと、バスだと交通事情に左右され、少なくとも約1時間。しかし阪急を利用して桂で乗り換えて嵐山まで40分かかりません。

四条河原町での乗換で通る鴨川

四条河原町での乗換で通る鴨川

観光シーズンの京都はとても大混雑で、バスも乗るのに一苦労。乗りたいバスに乗るまで並んでから20~30分なんてざらです。それに対して電車は次々来ますから、渋滞もありません。例えば清水寺の最寄りバス停から京阪「清水五条」までは徒歩10分程度。京都駅までいきたいなら「東福寺駅」でJR奈良線に接続していますし、嵐山方面へも「四条河原町駅」で阪急線に乗り換えできます

大阪方面の方はそのまま帰れますしね(笑)

僕はJR沿線なので東福寺を起点に今回の旅をしましたがほんとにバスに並ばなくていい、というだけで楽でした。。しかも時間も短縮できますし!

確かに京都の市中を隈なく運行する京都バス・市バスですが、土日や観光シーズンは所要時間+20~30分は見ておかないと大変な狂いを起こします。ですので観光シーズンに効率よく、並ばずに観光スポットを回りたい!移動中くらいは座りたい!という方は、私鉄の利用をおすすめします。

(このチケットに京都市営地下鉄、対応しないかなあ)

おわりに

というわけで今回は、京都紅葉旅の模様をお伝えしました!

時間があったらぜひ、行ってみてください!

あ、今回のmapです

mymap

α6000

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい