Microsoft、小型・軽量の「Surface Go」を8月28日発売 一般向けは6万4800円から 日本版は「Office付き」に

日本マイクロソフトは7月11日、MicrosoftのWindowsタブレットPC「Surface」シリーズの新モデル「Surface Go」を発表しました。米国時間7月10日にグローバル発表されたばかりでしたが、日本でも即座に発表。日本時間7月12日から予約を開始し、8月28日の発売です。

Microsoft – Surface Go

Surface Goは、Surfaceシリーズに新たに加わった、モバイルに特化したSurfaceです。

10インチのディスプレイで薄さ・軽さを追求。シリーズ最小・最軽量のSurfaceとなりました。10インチディスプレイにタイプカバーという作りは、まさに「iPad Pro」を意識したそれです。ですがこちらは”フルのWindows”が動くという優位性があります。Microsoftがここへ来て、廉価版のSurface Goから最強デスクトップのSurface StudioまでのSurfaceラインナップを完成させた感があります。

本体サイズは245×175×8.3mm(幅×高さ×厚さ)と、いわゆるB5用紙(約257×182mm)より小さめ。重量は、別売りのタイプカバー(カバー兼キーボード)を外した状態で約522gで、キーボードを付けても765gと、800gを切ります。

上位モデルである「Surface Pro」と基本仕様を同一とし、並べてみると「一回り小さなSurface Pro」といった感じ。細かな差はありますが、手触りの良さや筐体デザインなどは、評価の高いProの完成度をほぼそのまま受け継いでいます。

しかし価格設定では、これまで10万円スタートだったSurfaceシリーズの敷居を大きく下げた399ドル~に。日本版の価格はOffice付属・為替レート勘案で6万4800円~ですが、それでもこれまでのSurfaceに比べればかなり低価格になりました。

ディスプレイは、約10インチ、解像度1800×1200の液晶。10点マルチタッチに対応し、アスペクト比は3:2。Corning® Gorilla® Glass 3を採用しており、タブレットとしての持ち運びを意識します。背面の新型キックスタンドは最大165°まで無段階調整できます。

CPU(SoC)がIntelのPentium Gold 4415Y。RAMとストレージ容量はグレードごとに異なり、GPUはCPU内蔵のインテルHDグラフィックス 615

Wi-Fiは802.11ac対応で、カメラ画素数はフロント側が500万、リア側が800万。フロント側は上述のように、Windows Hello対応顔認証用の赤外線カメラも搭載します。

外部端子はUSB type-C×1、3.5 mm ヘッドフォン ジャック、Surface Connect ポート(充電端子)、microSDXC カード リーダーを搭載。バッテリーには、連続動画再生時で9時間をキープする27Wh大容量バッテリーを採用します。

OSは一般向けモデルがWindows 10 Home(初期設定はWindowsストアアプリ制限が入った「Sモード」での搭載)、法人向けモデルと教育機関向けモデルがWindows 10 Proです。

日本向けのモデルとしては、上位と下位の2モデル構成で、上位と下位の違いはメモリ容量とストレージ容量。

下位モデルは4GBメモリ・64GB SSD上位モデルは8GBメモリ・128GB SSD。海外での最上位となるRAM 8GB/ストレージ 256GBモデルは、現時点で用意されません。

一般向けモデル、法人向けモデル、教育機関向けモデルが用意されるため、全体では6モデルのラインナップとなります(以下税別)

■一般向けモデル
・下位モデル:64,800円
・上位モデル:82,800円

■法人向けモデル
・下位モデル:52,800円
・上位モデル:70,800円

■教育機関向けモデル
・下位モデル:47,800円
・上位モデル:65,800円

なお、タイプカバーキーボードや操作に対応するSurface Pen・Surface Dialなどは別売りで、タイプカバーは11,800円~となっています。

グローバル発表時、Surface Goの米国での価格は399ドルからだったので、日本国内の価格を高く感じた人も多いでしょう(私含め)。

日本の一般向けモデルについては、「Office Home & Business 2016」を標準で搭載していること(日本のみの仕様)と、為替などの影響を勘案して決定したといいます。

他国での価格を比べてみると、グローバルで発表された21の国や地域のほとんどが4万円台半ば〜後半の価格設定で、日本版の価格の高さが際立ちます。

一般に2万円前後でバンドルされる「Office Home&Business 2016」がふくまれるため、日本版Surface Goから2万円を差し引くとグローバルの水準になることから、日本版Surface Goは決して不当に高いわけではないことが分かります。

この背景には、日本の店頭で売れるPCの約9割がOfficeを搭載しているという実態があります。(GfKジャパン調べ)日本では永続ライセンス版のOfficeをバンドルすることが主流で、日本のPC市場を普通に調査してば「日本で個人にPCを売るにはOfficeバンドルが必須」という結論に至ったのでしょう。

しかしSurface Goはまさに「価格のインパクト」がウリ。Officeなし版をラインナップに加えておけばよかったのでは…と思ってしまいます。

結果的に6万円でSurfaceが買えるというデバイスになったSurface Go。モバイルPCの市場を大きく変えることは間違いなさそうです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい