《大阪北部地震》大阪モノレール彩都線が全線復旧 残る南茨木ー門真市間も23日に運転再開へ

6月18日に発生した大阪北部地震の影響で運転見合わせとなっていた大阪モノレール6月22日13時に彩都線が全線運転再開となりました。残る大阪モノレール本線の南茨木~門真市間も6月23日に運転再開を予定しています。

大阪モノレール

大阪モノレールは最大震度6弱を観測した大阪北部地震の影響で、万博記念公園駅・南茨木駅で分岐器が故障するなどの被害が発生。

本線(大阪空港~門真市間)と彩都線(万博記念公園~彩都西間)が運転見合わせとなり、復旧まで本線は他社線との振替輸送、彩都線はバスによる代替輸送を実施していました。

6月20日に大阪空港~万博記念公園間で運転を再開した後、6月21日には本線の大阪空港~南茨木間が復旧。22日13時までに彩都線全線が復旧しました。

6月21日にはほとんどの分岐器の仮復旧が終了し、本線の南茨木~門真市間も6月23日に運転再開予定となりました。

復旧に時間を要したことに関して、大阪モノレールを運行する大阪高速鉄道は同社サイトで

  • モノレールの線路は上空にあるため、工作車(復旧作業をするための作業車)での作業しかできない
  • 落下物により、地上の人や車に被害を及ぼすことのないよう慎重な点検が必要
  • 地震後、電車線を停電させ、工作車により最寄り駅に停車しているモノレールの手前まで点検・修復し、作業を終えると一旦、工作車をバックさせ、モノレールを車庫に戻す作業を繰り返している

ことなどが理由と説明しています。

ちなみにモノレールの分岐器は一般的な鉄道の分岐器とは違い、「コンクリートの塊がうごく」というすごい仕組みです。上の動画でもそれがよくわかります。

大阪モノレールの構造物(支柱、軌道桁、駅舎)はM7級の内陸直下で発生する地震動に対して必要な耐震性を確保するよう耐震対策工事を実施しているという。大阪モノレールは跨座式という方式を採用しており、車両は、軌道桁を挟み込むように補助タイヤを配置しているため、振動により列車が落下することはありません。

なお、万博記念公園駅・南茨木駅など一部の駅では、エスカレーターやエレベーターが運転中止となっており、復旧に向けた修復を25日以降に行うとしています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい