Instagram、動画用アプリ「IGTV」を発表 縦型表示で最長60分の動画に対応 YouTubeに対抗か

Instagramは6月20日(米国時間)、長尺動画を視聴・投稿できる新しいモバイル向けアプリ「IGTV」を発表し、iOS用およびAndroid用のアプリの提供を開始しました。クリエイターが制作した動画を視聴できるスタンドアロンのモバイルアプリで、アプリ上の動画は縦型で全画面表示されます。

Instagram Press (EN)

Androidアプリ – IGTV(Playストア)

iOSアプリ – IGTV(App Store)

IGTV(Instagram TV)は、縦位置の全画面表示動画を視聴できるアプリ。

「Instagram」にアップロードできる動画が最長60秒であるのに対して、IGTVでは最長10分の動画の投稿が可能 (最短時間は15秒)。さらに、多数のフォロワーを持つ認証済みアカウントで、PCからの投稿なら最長60分の動画をアップロードできます

アプリは点けたらすぐに見始められる”テレビ”のようにシンプル。アプリを開くと「おすすめ (For You)」または前回視聴していた動画の再生がすぐに始まります。そしてスワイプアップして現れる”他の動画”メニューで「おすすめ」「フォロー中」「人気」を切り替えながらザッピングしたり、クリエイターのアイコンをタップしてクリエイターの投稿にアクセスできます。検索機能も用意されているが、タップとスワイプで次々に切り替えられるスマートフォン世代向けのユーザーインターフェイスで動画コンテンツを楽しめるのが大きな特徴です。

Instagramと同じアカウントでログインすると、Instagramでフォローしているユーザーが「フォロー中」に表示されます。

IGTVではクリエイターがTVのチャンネルの役割を担います。

YouTubeと同様に、自分でチャンネルを作り、動画をアップロードすることもできます。IGTV内で動画を制作することはできず、端末に用意した動画をアップロードする形。

クリエイターは「チャンネルを作成」して、IGTVに動画をアップロード。クリエイターをInstagramでフォローすることで、そのクリエイターのチャンネルがIGTVに表示されるようになります。動画を視聴しながら、いいね!やコメントをつけたり、ダイレクト機能を通じて友達とシェアすることも可能です。

IGTVはスタンドアロンのアプリですが、サービスにはメインのInstagramアプリからもアクセス可能。

現在のところ、IGTVに広告は表示されません。つまり、クリエイターとInstagramの間で広告収入が分配されることはありません。しかし、Instagramではマネタイズの方法を将来提供することも考えており、企業アカウントによる動画配信も見込んでいます。

またInstagramは、Instagramの月間アクティブユーザー数が10億を突破したことも明らかにしました。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい