3キャリア共通チャットアプリ「+メッセージ」がiOSでも配信開始

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯3キャリアで利用できるメッセージングサービス「+メッセージ(プラスメッセージ」」で、iOS版アプリの配信が開始されました。iOS 9以降のiPhone/iPadで利用できます。

「+メッセージ」は、テキストだけやり取りできるSMSの進化版として5月より3キャリア共通で提供されているサービス。まずはAndroid版が提供されてきましたが、今回、iOS版が追加されました。

App Store – +メッセージ

+メッセージ」は、電話番号だけで画像・動画・スタンプ等をやりとりできるサービスです。携帯3キャリア間のユーザーであれば、文字数を気にすることなく、携帯電話番号宛にチャット形式でメッセージや写真、動画などを送受信できます。

GSMAがSMS(ショートメッセージサービス)の代替規格として策定した「RCS(Rich Communication Services)」に準拠し、全角最大2730文字のテキストの他、画像・スタンプ、動画、位置情報(ジオタグ)、添付ファイルの送受信(最大100MB)などを電話番号だけでやりとりできます。

つまるところ、キャリア3社による「LINE対抗サービス」です。LINEのように、グループメッセージ機能や既読確認機能なども備えています。

対応機種はiOS 9.0以降のiPhoneおよびiPad。すでにAndroid版アプリ(Android 4.4以降)は提供済み。今回iPhoneとiPadに対応したことで、より多くのユーザーが携帯電話番号だけでメッセージのやりとりを利用できるようになります。

従来のSMSの場合、やりとりできるのは全角70文字のテキストと絵文字に限られていました。「+メッセージ」はSMSの拡張版という位置づけで、利用料金はパケット通信料だけなのも利点です。

連絡先一覧では、登録された携帯電話が+メッセージの送受信に対応するかどうか確認可能。メッセージで使えるスタンプを無料で入手できる「スタンプストア」も用意しています。

なお、AndroidアプリはSMS送受信機能も内包していますが、iOSアプリは+メッセージ送受信機能のみを備え、SMS送受信は標準の「メッセージ」を用いることになります。

また格安SIM(MVNO)やサブブランド(UQmobileやワイモバイル)には現時点で非対応。今後はMVNO事業者からの要望を聞きながら、オープンに対応を検討する方針です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい