モトローラ「moto g6/g6 plus/e5」を6月8日発売 18:9縦長ディスプレイのミドルレンジスマホ

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Androidスマートフォンの新機種として「moto e5」「moto g6」「moto g6 plus」の3モデルを6月8日に日本で発売すると発表しました。価格はそれぞれ1万8500円、2万8800円、3万8800円(税抜)です。モトローラ直販のオンラインストアのほか、家電量販店やMVNOなどからも販売されます。

motorola Japan

「moto g6 Plus」「moto g6」は、ミドルレンジ「gシリーズ」の新モデル。上位モデルXシリーズのデザインを取り入れ、アスペクト比18:9の縦長ディスプレイ、デュアルカメラなどを搭載します。価格は「moto g6 plus」が3万8800円「moto g6」は2万8800円です。

本体背面の左右はなだらかなカーブ形状となっていて、手に持った時に薄く感じる仕上げ。カラーはMoto X4で好評だったという「ディープインディゴ」のみをラインナップします。本体のサイズはg6 plusがわずかに大きくなっています。

ディスプレイサイズはmoto g6 plusが5.9インチ、moto g6が5.7インチとなっており、解像度はいずれもフルHD+IPS液晶(2,160×1,080ドット)。

背面のメインカメラは、1,200万画素・F1.7カラーセンサ+500万画素・F2.2モノクロセンサのデュアルカメラ構成。独自ソフトとデュアルAFピクセル技術により、美しい写真を撮影できます。撮影後に写真の背景をぼかしたり、写真の一部をモノクロにしたりといった編集が可能で、タイムラプス撮影もサポート。ミドルレンジモデルながら、g6 plusの動画撮影は4K / 30fpsに対応します。(g6はフルHD/60fpsまで)

インカメラは約1,600万画素・F2.2のレンズで、前面カメラながらフラッシュを内蔵しています。

またユーザーの端末動作をアシストする「moto エクスペリエンス」も搭載し、手首をひねってカメラを起動させたり、端末を振り下ろすことでライトを点灯させたりできる「moto アクション」を利用可能です。

moto g6 plusが上位モデルで、チップセットはSnapdragon 630、メモリ(RAM)は4GBで、ストレージは64GBという構成。本体サイズは約159.9×75.5×8.1mm、重さは約165g、バッテリー容量は3200mAhです。

moto g6はチップセットにSnapdragon 450、メモリ(RAM)は3GB、ストレージは32GBを搭載。本体サイズは約153.8×72.3×8.3mm、重さは約162.5gで、バッテリー容量は3000mAhとなっています。

両機種共通で、3キャリアのLTE通信に対応し、LTEと3GのDSDS(2回線同時待受)もサポート。nanoSIMスロット×2とmicroSDスロットは独立しており、DSDSとmicroSD(最大128GB)を併用できます。

前面下部に指紋センサーを装備し、前モデルにはなかったジャイロスコープや電子コンパスを装備。

価格は「moto g6 plus」が3万8800円「moto g6」は2万8800円です。

「moto e5」は、日本初登場となるエントリーモデル「moto eシリーズ」の新機種。1万8500円という低価格ながら、18:9の縦長ディスプレイや指紋認証などを搭載します。

ディスプレイはアスペクト比18:9の5.7インチHD+ディスプレイ

背面のメインカメラは1300万画素、インカメラは500万画素。被写体検出やポートレートモードなどには対応しないシンプルな設計ですが、インカメラにはエントリーモデルにしては珍しいセルフィー用フラッシュを備えています。

チップセットはSnapdragon 425で、メモリ(RAM)は2GB、ストレージは16GB。上位機種同様に3キャリアのLTE通信に対応し、DSDSもサポート。最大128GBのmicroSDと2枚のnanoSIMを併用可能です。

指紋センサーは背面中央に装備。バッテリー容量は4000mAhで、外部接続端子はmicroUSB。

本体サイズは約154.4×72.2×8.9mm、重さは約173gで、カラバリはフラッシュグレーとファインゴールドの2色。価格は1万8500円です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい