JR東日本、山手線・京浜東北線の「品川新駅」駅名を公募 今年冬にも駅名発表

JR東日本は6月5日、山手線・京浜東北線の田町~品川間に2020年春開業する「品川新駅」(仮称)の駅名を募集すると発表しました。JR東日本が駅名の公募を行うのは初めてで、今月末まで募集を行い、2018年冬頃の発表を予定しています。

新しい駅の駅名大募集 – JR東日本

JR東日本プレスリリース

山手線・京浜東北線の田町~品川駅間で2020年の開業を予定している「品川新駅」(仮称)。同社が駅名を募るのは初めてで、2018年冬ごろに新名称の発表を予定しています。募集期間は6月5~30日で、Webサイトと郵便はがきで受け付けます。パソコン・スマートフォンからの応募は6月30日23時59分まで。郵便はがきでの応募は6月30日の消印まで有効です。

また、駅名は応募数によって決めるのではなく、すべての案を参考にふさわしい名前を選考するとしています。

採用された駅名を応募した方には、抽選で100人にJR東日本のグッズがプレゼントされます。

品川新駅(仮称)は品川駅から約0.9km、田町駅から約1.3kmのJR品川車両基地跡地内に設置され、2020年春の暫定開業2024年頃の本開業を予定しています。

2面4線のホームを山手線・京浜東北線が使用し、世界的に活躍する建築家の隈研吾氏をデザインアーキテクトとして、2014年から駅舎の設計作業を進めてきたといいます。

駅舎は障子を想起する膜や木などを用い「和」を感じられるデザインに。駅ホーム上部の大きな吹抜け空間、日本の伝統的な折り紙をモチーフとした大屋根、駅舎東西の大きなガラス面などが特徴です。

田町~品川間では「グローバル ゲートウェイ 品川」のコンセプトワードの下、国際的に魅力のある交流拠点の創出と「エキマチ一体のまちづくり」の検討を進めており、2024年に新たな街が「まちびらき」するのに合わせて新駅も本開業します。

地域との連携も図り、駅舎東西面に設ける大きなガラス面と、コンコース階に設ける約1,000平方メートルの吹抜け空間により、駅と街が互いに見通せる一体的な空間を演出。改札内には約300平方メートルのイベントスペースを設けます。

開業へ向け工事が進む品川新駅(2018年5月/JR東日本)

新駅の開業まであと2年。リニア新駅開業や東京五輪の開催、羽田空港へのアクセスの良さからますます盛り上がる品川。誕生する新しい街と新駅に期待です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい