Instagramの「ショッピング機能」が日本でも公開 商品写真からシームレス購入

Instagramは6月5日、写真・動画共有SNS「Instagram」で、ショッピング機能を日本国内でも提供すると発表しました。フィード内の投稿からシームレスに商品を購入できるようになります。

Instagramのショッピング機能は、2017年3月にアメリカで導入を開始し、2018年3月にイギリス、フランス、オーストラリアなどで、5月には韓国で公開された機能。

ビジネスアカウントなどが投稿した商品写真の左下に表示されるショッピングアイコンをタップすると、写真内のそれぞれのアイテムに、商品名と価格が表示されるようになります。商品をタップすると詳細を確認でき、気に入った商品があればその企業のECサイトで購入できるしくみです。

ビジネスアカウントのプロフィール画面には「ショップ」というタブが追加され、タップするとショッピング機能が使える投稿だけをまとめて表示できます。

日本でのInstagramの月間アクティブアカウント数は2000万人を超え、約2割が毎日Instagramで検索をし、そのうちの約4割が検索をきっかけにアクションをしているといいます。

ビジネス活用においては、グローバルのInstagramユーザーの80%以上が何らかのビジネスアカウントをフォローしており、毎日2億人以上がそれらのビジネスアカウントを閲覧しているといいます。

日本におけるインターネット通販(EC)売上げのうち35%がモバイル経由であり、SNSがショッピングにおける主なインスピレーション源が「Instagram」と答えた人も47%いることから、ショッピングに適したプラットフォームであるといえます。

日本でのショッピング機能の導入にあたり、「Baycrews(@baycrews)」「BOTANIST(@botanist_official)」「creema(@creemajp)」「Gilt Japan(@giltjapan)」「minne(@minne_official)」「ZOZOTOWN(@zozotown_official)の計6ブランドによるテスト運用を実施。その結果、短期間ながら「顧客のエンゲージメントが上がった」「商品の詳細ページから購入リンクへの遷移率が思った以上に高かった」など、大きな効果が得られたといいます。

ショッピング機能は企業に無料で提供しますが、最終的には審査を満たしたアカウントだけが提供できるとしています。また、ビジネスアカウントではユーザーからの反応が多かった投稿を広告として利用して出稿できますが、ショッピングアイコンを付けた投稿は広告には利用できません。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい