HTC、新フラッグシップスマホ「U12+」を発表 両面デュアルカメラ搭載でよりベゼルレスに

台湾HTCは5月23日(米国時間)、Androidスマートフォンの新フラッグシップ機「HTC U12+」を発表しました。

米国では予約を開始しており、出荷は6月の予定。価格は799ドル(約8万8000円)からとなっています。

日本向けのHTCのホームページには「日本のみなさま、乞うご期待」とあり、日本でも発売するようです。

HTC U12+ (United States)

HTC U12+」は、昨年11月発表の「HTC U11+」の後継モデルにあたる同社のフラッグシップモデルです。

ディスプレイは6インチQHD+(2880×1440ピクセル)のSuper LCD 6液晶。アスペクト比はU11+とおなじ18:9ですが、前モデルより狭額になっています。そしていわゆるノッチ(切り欠き)なしのデザイン。DCI – P3の色空間をサポートし、色を鮮やかに描画できます。画素密度は537ppiに達し、HDR10にも対応しているので、写真も動画も高精細な画面で見られます。フロントパネルはCorning Gorilla Glassを採用していて画面割れに強くなっています。

大きな特徴となるのが背面と前面の両方に搭載されたデュアルカメラです。

背面のメインカメラは1200万画素の広角レンズ(F1.75)+1600万画素の望遠レンズ(F2.6)の組み合わせ。2倍の光学ズームと10倍のデジタルズームが可能で、位相差AFとレーザーAFを組み合わせたUltraSpeed Autofocus 2、光学手ぶれ補正、HDR Boost 2などを備えます。前面のインカメラは800万画素(F2.0)×2。背景を美しくぼかした自撮りが可能です。

背面カメラでは4Kの動画撮影に対応しているほか、1080p 240fpsのスローモーション撮影にも対応。撮影の幅が広がります。前面カメラでは、動画は1080pで撮影可能です。また動画撮影時には、搭載されている聴覚フォーカス機能で、記録したいテーマに合わせて音声のフォーカス方向を拡大し、録音可能。同時に、360度のサラウンドサウンドを録音でき、臨場感あふれるサウンド体験を実現します。

カメラレビューサイトDxOMarkでは103点を獲得しました。Google Pixel2の98点、Samsung Galaxy S9+の99点を上回っています。(現時点の最高スコアはHuawei P20 Proの109点)

もちろんHTCは音にもこだわって優れたHTC BoomSound Hi-Fiテクノロジーを搭載。アクティブノイズリダクションやハイレゾ再生に対応し、付属しているHTC USonicヘッドホンで最良のサウンド体験を楽しめます。

また前モデル同様、Google アシスタントとAmazon Alexaの音声AIに両対応。様々なデバイスと接続することで操作も可能です。

そしてHTCといえば握って操作する「Edge Sense」。U12+ではさらに進化した「Edge Sense 2」を搭載しました。

これまでは本体を短く握る、または長く握る2通りの握り方で任意のアクションを実行できましたが、Edge Sense 2では、ユーザーのデバイスを持つ動きをよりインテリジェントに認識するように感圧センサーのデザインを改良し、握るだけではなく、片側のダブルタップ (右手と左手の違いを判別)、ホールドといった新たなジェスチャーを使えるようになりました。例えば、ダブルタップで親指で操作できるミニスクリーンを表示させたり、ホールドしている時に画面の回転を一時的に無効にするなど、片手操作の幅が大きく広がります。マップのズーミング、音楽の再生/停止など、Edge Sense 2は多くのアプリでも活用できます。

OSはAndroid 8.0 Oreo。独自のユーザインタフェースとしてHTC Senseを導入しています。

チップセットはQualcomm Snapdragon 845(オクタコア、2.6GHz)で内蔵メモリ(RAM)は6GB、内蔵ストレージ(ROM)は64GB/128GBです。外部ストレージとしてmicroSDカード(最大2TB)を利用できます。

SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIMBluetooth 5.0Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac、NFC Type A/Bにも対応します。なおSIMカードスロットの2つ目とmicroSDスロットは兼用です。

防水防塵にも対応してIP68準拠の性能を有し、バッテリーは3500mAh。充電端子はUSB Type-Cです。

生体認証は指紋認証。背面に指紋認証センサを搭載しています。そのほかWi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5、NFC、VoLTEをサポートし、本体サイズは156.6×73.9×9.7mm、重さは188g。

カラバリはTranslucent Blue、Ceramic Black、Flame Redの3色で、価格は799ドル(約8万8000円)で、6月頃に出荷の予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい