UQ・ワイモバからHuawei「P20 lite」が6月中旬登場 デュアルカメラ搭載のミドルレンジスマホ

UQコミュニケーションズとソフトバンクは、UQmobileとY!mobileブランドのAndroidスマートフォンとして、「HUAWEI P20 lite」を6月中旬に発売すると発表しました。

auの夏モデルとして発表されたモデルで、UQmobileでの一括販売価格は3万1212円(プランMでの実質負担額は1万3000円)、Y!mobileでの実質負担額は1万2000円程度となる見込みです。

《2018年夏モデルスマートフォンまとめ》

HUAWEI「P20 lite」は、グローバルで3月に発売されたHUAWEIのミドルレンジスマートフォン。手頃な価格帯でありながら、オクタコアCPUやデュアルカメラを備えます。

背面には1600万画素と深度測定用の200万画素のデュアルカメラを搭載。2つのカメラを組み合わせた背景ボカシ撮影が可能。ワイドアパーチャ―で撮影した写真は、撮影後にフォーカスの位置を変えたり、ボケ具合を調整したりといった編集が行えます。

人物撮影用には、背景をボカしながら顔に自然な補正をかけられるポートレートモードも搭載。この機能は1600万画素のインカメラでの自撮りでも利用できますが、こちらはソフトウェアでの背景ボカシです。

HUAWEIの上位モデルとは異なり、カメラにライカブランドはつきませんが、カメラ撮影時のユーザーインターフェイスは一部共通した仕様です。

ディスプレイは約5.8インチのフルHD+(2280×1080ドット)液晶で、アスペクト比が19:9と縦に長く、いわゆるノッチ(切り欠き)が画面上部にあります。

背面には指紋認証センサーを搭載しているほか、インカメラを使った顔認証にも対応。

CPUはオクタコアの「Kirin 659」で、内蔵メモリ(RAM)は4GBストレージ(ROM)は32GB。(au版は64GB)

OSにはAndroid 8.0を採用し、3000mAhのバッテリーを搭載。外部接続端子はUSB type-Cで、3.5mmイヤホンジャックも備えます。

本体サイズは約71×149×7.4(最厚部8.6)mm。重量は約145g。

最大通信速度は下り225Mbps、上り25Mbpsで、SIMカードスロットはnano SIMのデュアルSIM構成。ワンセグ、おサイフケータイ、防水などは非対応です。

カラバリはクラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラックの3色。

発売は6月中旬の予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい