JR西日本「ハローキティ新幹線」が6月30日デビュー!500系「こだま」で新大阪~博多間を1日1往復

JR西日本とサンリオは5月18日、山陽新幹線で500系新幹線による「ハローキティ新幹線」を6月30日から運行すると発表しました。

新大阪駅~博多駅間を「こだま730/741号」の定期列車として、ほぼ毎日運行します。

JR西日本:ハローキティ新幹線 特設サイト

ハローキティ新幹線」は山陽新幹線「こだま」などに使用される500系をリニューアルし、ハローキティが案内人となって西日本の地域を取り上げ、地域と一緒に魅力を発信する列車です。

JR西日本では今春まで「エヴァンゲリオン新幹線」が同じく500系こだまで運行されており、それに続くコラボレーション列車となります。

「ハローキティ新幹線」は6月30日から山陽新幹線の上り「こだま730号」(博多駅6時40分発・新大阪駅11時13分着)下り「こだま741号」(新大阪駅11時29分発・博多駅15時38分着)に使用されます。ただし、7月18~20日と8月8~10日、9月3~5日、9月26~28日の「こだま730・741号」は「ハローキティ新幹線」以外の車両での運行となるので注意。期間は未定で、10月以降の運転日については決定次第発表されます。

外装は「つなぐ」「結ぶ」との思いが詰まったリボンをモチーフにデザインされ、ハローキティがそのリボンをつなぐデザイン。車内チャイムは「ハローキティ新幹線」限定のオリジナルメロディに変更されます。

列車は8両で運転され、1号車は地域展示スペース「HELLO!PLAZA」、2号車は特別内装車「KAWAII!ROOM」(自由席)、3・7・8号車は自由席、4~6号車は指定席です。

乗車に特別なきっぷは不要で、新幹線特急券と乗車券があれば乗車可能です。

8両編成の1号車は、地域展示スペース「HELLO! PLAZA」として西日本の各地域を期間限定で紹介。限定グッズや地域の特色豊かな産品を購入できるショップスペース、風景を眺めながらひと休みできるスペース、地域の魅力に触れる映像コーナーなどを設置し、ここだけで楽しめる特別な空間とします。

1号車車内で最初に取り上げる地域は、7~9月に「山陰デスティネーションキャンペーン」を開催する鳥取県・島根県。「鳥取 ハローキティ」「島根 ハローキティ」のオリジナルペイントが施され、鳥取・島根のおすすめイベントやスポットを紹介します。

10月頃からは「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン・アフターキャンペーン」が開催される山口県を取り上げる予定となっています。

2号車は特別内装車「KAWAII! ROOM」は特別にデザインされた「ハローキティ仕様のかわいいお部屋」で、ハローキティといっしょに旅をしているような気分が味わえるといいます。ハローキティと一緒に記念撮影ができるフォトスポットも用意されます。

車内チャイムは「ハローキティ新幹線」限定のオリジナルメロディに変更される。

デビューに先立ち、博多駅では6月1日に「ハローキティ新幹線カフェ(仮称)」がプレオープン6月30日には「ハローキティ新幹線ショップ(仮称)」もオープン予定となっています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい