中国OnePlus、フラッグシップ機「OnePlus 6」を発表 6.3インチOLEDのハイエンドスマホに

中国OnePlusは5月16日、新フラッグシップスマートフォン「OnePlus 6」を発表しました。アメリカなどグローバルで5月22日より発売します。アメリカでの販売価格は529ドル(約5万8000円)からとなっています。

OnePlus

中国の歩歩高(BBK Electronics)傘下である世界シェア4位のスマホメーカー・OPPOの子会社であるOnePlus社。フラッグシップキラーを合言葉に、主要メーカーのフラッグシップ並の高性能を備えながらも、それよりも安い価格で販売し、高い人気を確立しています。

同社では昨年11月に「OnePlus 5T」を発売したばかり。今回発表されたOnePlus 6はそれを越えるハイエンドなフラッグシップとなっています。

ディスプレイは約6.3インチ(アスペクト比19:9)の「Optic AMOLED」で、Samsungの「Super AMOLED」パネルを独自調整したアクティブマトリクス式有機ELを採用。画面の上部にはiPhone Xのようなノッチ(切り欠き)が付いています。筐体はガラス製です。

カメラは背面のメインカメラが2000万画素+1600万画素のデュアルカメラ構成、前面のインカメラは1600万画素のカメラを採用しています。

プロセッサはQualcommのSnapdragon 845、内蔵メモリ(RAM)は6GB/8GB、内蔵ストレージ(ROM)は64GB/128GB/256GB

本体サイズは155.7×75.4×7.75mmで重さは177g。バッテリーは3300mAhで外部接続端子はUSB type-C。3.5mmイヤホンジャックも備えます。

カラバリはMirror Black、Midnight Black、Silk Whiteの3色。

OSはAndroid 8.1 Oreoベースの独自OS「OxygenOS」。

先日のGoogle I/Oで発表された、次期Android OS「Android P」のβ版をインストールできる端末の1つに「OnePlus 6」が含まれています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい