ドコモ、投資サービスを新たにスタート dポイント投資と実資産の運用サービス「THEO+ docomo」を提供

NTTドコモは5月16日、2018年夏の新商品・新サービス発表会を開催し、dポイントによる投資サービス「ポイント投資」、および実資産の運用サービス「THEO+ docomo」の提供を開始すると発表しました。

どちらのサービスもAIによる資産運用の「THEO」を手がけるお金のデザイン社とのタッグで提供します。

サービスはいずれも2018年5月16日15時より開始します。

NTTドコモ報道発表資料

ポイント投資は、dポイントクラブ会員なら誰でも利用できる、dポイントを活用した投資体験サービスです。dポイントクラブのアプリまたはWEBからポイント投資サービスサイトにアクセスし、運用するポイント数と運用コースを選択するだけで、即日開始可能。

ユーザーのポイントは、お金のデザイン社が運用する投資信託に連動して日々変動し、その状況をポイント投資サービスサイトで確認することができます。また、投資中のポイントは、1ポイント単位でいつでも引き出せ、dポイントとして利用できます。

開始時の運用コースは以下の2つです。

  • アクティブコース:債券よりも株式に大きく比重を置き、高いリターンをめざすコース
  • バランスコース:株式よりも債券にやや比重を置き、安定したリターンをめざすコース

実資産を運用する「THEO+ docomo」は、前述の「ポイント投資」で投資に慣れたユーザーを対象に提供する投資サービス。ドコモは金融仲介という立場で、サービス自体は「THEO」を手がけるお金のデザイン社が運営します。

年齢や現在の貯金額など5つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)から最適な組み合わせの運用方針を提案。これまで機関投資家などに提供されてきた高度な運用手法で、投資初心者でも、最低1万円から運用を始めることが可能です。

また、ドコモユーザーは運用残高1万円につきdポイントが1.5ポイント、他キャリアのユーザーでもdポイントが1.0ポイントが毎月貯まるほか、日々のdカード利用時のお釣り(決済額の端数)を自動的に積み立てる機能も搭載。入出金口座としてドコモ口座も利用でき、証券口座との入出金手数料が無料、かつ即時の入金も可能です。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい