MS OfficeのWord、Excel、PowerPointのデフォルトフォントを変更する方法 wordの行間も解決

前回、Windows10の「游ゴシック」からサヨナラする方法をお伝えしましたが、今回はMicrosoft OfficeのWord、Excel、PowerPointのデフォルトフォントを変更する方法をお伝えします!

word等でデフォルトフォントを設定をしてもうまくいかない、PowerPointは毎回「游ゴシック」でやだ!という方、解決です。

ちなみにOffice2010以降であれば同じ方法で変更ができますので、「MS Pゴシック」「MS P明朝」が好きではない方は、これを機に変更頂ければと思います。

それでは行きましょう!

Wordの既定のフォントを変更する方法

まずはWordの既定フォントを変更していきましょう。

q

リボンの「ホーム」タブの「フォント」ダイアログボックス起動ツール(右下の小さいアイコン)をクリックします。(ショートカットキー Ctrl + D でも可能)

p

開いたダイアログにてフォントを設定して、「既定に設定」をクリックします。

好みに応じてフォントサイズなども変更しても良いかも知れませんね。

r

次に開いたウィンドウで「Normal.dotmテンプレートを使用したすべての文書」を選択して「OK」です。

これだけです!

Wordで行間が広すぎる!一部フォントで行間を狭く設定する対処法

新規文書作成時にフォントをメイリオなどに指定して改行すると、こんな感じに行間が異常に広く取られてしまいます。

g

というわけで対処法です。

まず、行間を狭くしたい部分をドラックして選択。先ほどと同じように、リボンの「ホーム」タブのこんどは「段落」ダイアログボックス起動ツール(右下の小さいアイコン)をクリックします。

h

[段落]ダイアログボックスが表示されるので、[インデント]グループの[1行の文字数を指定時に右のインデント幅を自動調整する]のチェックボックスをオフにします。

[間隔]グループの[行間]を”倍数”に変更し、[間隔]の値を”0.87″に変更します。

同じく[間隔]グループの[1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる]のチェックボックスをオフにします。

[OK]ボタンをクリックし、[段落]ダイアログボックスを閉じてOKです!

j

ちなみに、これを先程のように「既定に設定」としても、チェックボックスを外したものがついたままの状態で保存されるようで、文章を書くたびにチェックボックスを外す必要はあるようです。(残念…)

そして設定したあとは

k

こんな感じで、その他フォントと同じように狭い行間で表示されます!

Excelの既定フォントを変更する方法

次はExcelの既定フォントを変更していきます。

Wordと全然違いますのでご注意を。

まず「ファイル」メニューから「オプション」を選択します。

1 2

「Excelのオプション」ウィンドウにて、「基本設定」を選択。中段に「新しいブックの作成時」というコーナーがあるので、「次を既定フォントとして使用」欄のフォントを目的のフォントに変更して「OK」です。

3

Excelの再起動を促すウィンドウが出ますので、指示通り、Excelを再起動すればデフォルトフォントの設定は完了です。

PowerPointのひな形のフォントを変更しておく

次にPowerPointのデフォルトフォントを変更します。

PowerPointですが、残念ながらデフォルトを変更する方法がありませんので、ひな形のデフォルトフォントを変更するという方法をご紹介します。

x y z

次にリボンの「スライドマスター」から「フォント」をクリックします。

z1

フォントのリストが表示されますので「フォントのカスタマイズ」を選びます(リスト内に目的のフォントがあればそれを選択してもOKです)。

z3

「新しいテーマのフォントパターンの作成」ウィンドウにて、英数字用と日本語文字用のフォントをそれぞれ選びます。

「名前」は適当でOKです。そして「保存」。

続いて、

このPowerPointファイルをひな形として保存します。

リボンの「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」を選びます。

z4

「名前を付けて保存」ウィンドウが開きますので、ファイルの種類を「PowerPointテンプレート(*.potx)」に変更して保存します。

名前をDefaultとかblankとかテンプレとかメイリオ!とかわかり易い名前にしたほうがいいと思います。

そして、一度power pointを閉じたら、もう一度開き、「最近使ったファイル」の一番上に表示されている、先程作ったファイルに「ピン」をつけ、一番上に固定すればOK!

これで毎回左上に固定されて出てきます!

z5

次回以降、新しいプレゼンテーションファイルを作成するときは、このテンプレートファイルから作成すればOKです。

おわりに

というわけでWord、Excel、PowerPointのそれぞれのデフォルトのフォントを変更する方法についてお伝えしました。

同じOfficeでも全然変更の仕方が違うので酷いですし、powerpointとwordは毎回設定しないとだめという。。。Microsoftさんおねげーしますよ、、

まあ、労力の削減にはなると思いますので、みなさんもやってみてください!

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい