【夏モデル】SoftBankからHuawei「Mate 10 Pro」「nova lite 2」が登場

Huawei Japanは、Androidスマートフォン「Mate 10 pro」「nova lite 2」をSoftBankの2018年夏モデルとして展開します。

どちらの端末も、SIMロックフリー端末として冬に発売されていた端末で、発売当初はMVNO専用モデルとされていましたが、SoftBankの夏モデルとしてラインナップされます。

「HUAWEI Mate 10 Pro」は5月18日発売、「HUAWEI nova lite 2」は7月上旬以降に発売します。

《2018年夏モデルスマートフォンまとめ》

HUAWEI Mate 10 Pro

「HUAWEI Mate 10 Pro」は、日本では2017年12月にSIMロックフリー端末としてすでに発売(過去記事)されている、HUAWEIのフラッグシップスマートフォン。SoftBankでの発売にあたり、SIMフリーモデルをベースにキャリア向けの仕様や機能を搭載しています。

ディスプレイは6インチ2K+(2160×1080ドット)の有機EL、アスペクト比はMate 10 Proが18:9です。色空間はRGB+WhiteのRGBWで、消費電力を押さえながら美しい映像を楽しめるHDR 10に対応。iPhone Xなどとは違い、切り欠きや、角の丸いカットもない完全な長方形。何にも邪魔されずに大画面のベゼルレスディスプレイを楽しめます。ホームボタンはなく、Galaxy Note8などと同じディスプレイ下の内蔵式です。

カメラは引き続きライカとのコラボによるデュアルカメラ構成。メインカメラは2000万画素モノクロセンサーレンズ+1200万画素のRGBセンサーレンズの組み合わせです。スマートフォン史上最も明るいF1.6のレンズによりこれまでよりも明るい写真が撮れるようになりました。これまで同様に光学手ブレ補正ハイブリッドズーム(2倍)、像面位相差オートフォーカス(PDAF)、レーザーAFを搭載。

最大のウリはAIに最適化したCPUである「Kirin 970」プロセッサー。Kirin 970は世界初のモバイルAIプロセッサNPU(=ニューラルプロセッシングユニット)を搭載。NPUは画像認識などのタスクでCPUの25倍、GPUの5倍高速な処理を実現し、機械学習でリソース配分などをユーザーの使い方に応じて最適化。つまりは使えば使うほど、よりサクサク動きます。またアプリ起動時間や応答性の向上バッテリー駆動時間の延長画像認識や音声認識などローカル機械学習タスクの高速化も実現。クラウドを経由することなく、端末のAIにアクセスするので早くそしてよりユーザーに合った処理ができ、情報提供を助けます。

上述の通りCPUはKirin 970で、内蔵メモリ(RAM)は6GB、ストレージ(ROM)は128GB。

OSはAndroid 8.0。

バッテリーは4000mAhで、外部端子はUSB Type-C。microSDカードスロットと3.5mmイヤホンジャックは搭載されません。

ソフトバンクのネットワークでは3波のキャリアアグリゲーションに対応し、理論値で下り最大400Mbpsの通信速度に対応。ソフトバンクの4×4 MIMOには非対応となる。上りは最大37.5Mbps。そのほか端末の性能・仕様はSIMフリーモデルと同様で、FeliCaは非対応となる点なども同様です。

なおSIMロックフリー版はSIMスロットが2つありますが、ソフトバンク版のSIMスロットは1つ。ハードウェアの違いはSIMスロットのみで、おサイフケータイやワンセグ/フルセグなど日本独自の機能は搭載していません。

本体サイズは約75×154×7.9mm、重さは約178g。

カラバリはミッドナイトブルーとチタニウムグレーの2色。5月18日発売です。

HUAWEI nova lite 2

「HUAWEI nova lite 2」は2018年2月にSIMロックフリー端末として発売されていたHUAWEIのミドルレンジ端末。

ディスプレイは約5.7インチのフルHD+(2160×1080ドット)液晶ディスプレイ。アスペクト比は18:9です。

背面のメインカメラは、約1300万画素と深度測定用の約200万画素のデュアルカメラ構成で、2つのカメラを組み合わせた背景ボカシ撮影が可能。約800万画素のインカメラには、手をかざすだけでシャッターが切れる機能や、美肌補正して人物をキレイに撮る「ポートレートモード」を搭載します。

CPUはKirin 659で、内蔵メモリ(RAM)は3GB、ストレージ(ROM)は32GB。最大256GBのmicroSDXCカードを利用できる。

OSはAndroid 8.0。

なおSIMロックフリー版はSIMスロットが2つありますが、ソフトバンク版のSIMスロットは1つ。ハードウェアの違いはSIMスロットのみで、おサイフケータイやワンセグ/フルセグなど日本独自の機能は搭載していません。

バッテリー容量は3000Ah。本体サイズは約72×150×7.5mm、重さは約143g。

カラバリはゴールド、ブルー、ブラックの3色。7月上旬以降の発売予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい