「LINEモバイル」がソフトバンク傘下に 戦略的提携に向け基本合意 将来的にソフトバンク回線へ転換か

LINEモバイルとソフトバンクは1月31日、MVNO事業において戦略的提携を進めることで基本合意したと発表しました。

SoftBankニュースリリースLINEニュースリリース

LINEモバイルはLINE傘下でMVNO「LINEモバイル」を運営する企業。今回の合意の内容は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける形での資本提携と、MVNO事業推進のための業務提携の2つです。

本取引は2018年3月頃に完了予定で、同社はソフトバンクが51%、LINEが49%出資する合弁会社となります。

これまでLINEモバイルは、LINEの100%子会社としてドコモ回線を使ったMVNO事業を展開していましたが、実質的にソフトバンク傘下の企業となります。

提携によりLINEモバイルは、「LINEモバイル」のブランドは維持し、LINEとしても引き続きMVNOに注力していき、具体的な事業展開は、今後両者の協議して決定するとしています。

 

LINEモバイルは現在、NTTドコモのネットワークを利用して展開していますが、SoftBank広報によればソフトバンクの広報は、提携後の展開はこれからと前置きしつつも、「将来的にソフトバンク網に置き換えていく可能性はある」ということです。

また、ソフトバンクがサブブランドとして展開するY!mobileとの競合については、Y!mobileは全国にショップ網を展開し、リアルな顧客接点が必要なユーザーに対応できるが、LINEモバイルはオンラインで完結するサービス。そういった形で棲み分けはできるとしています。

なお、現在「LINEモバイル」を契約中のユーザーは、これまで通りサービスを利用できるということです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい