JR東海、東海道新幹線で無料Wi-Fiサービス、2018年夏から順次導入へ 事前登録も不要

JR東海は1月25日、新幹線の車内や駅構内で無料Wi-Fiサービスの提供を開始すると発表しました。2018年の夏頃を目処に、同社の新幹線「N700A」タイプについて、無料のWi-Fiを導入する予定です。

JR東海プレスリリース

JR東海では、保有する東海道新幹線のN700Aタイプに2018年夏から無料Wi-Fiを順次導入し、2019年度冬に全車両(131編成2096車両)に拡大する計画。特急「ひだ」(キハ85系)についても2018年夏から順次導入し、2018年度末までに全車両に拡大します。

駅構内での無料Wi-Fiサービスも拡充し、これまで東海道新幹線では6駅で「JR-Central FREE Wi-Fi」が提供されていましたが、新幹線駅では全17駅、在来線24駅にもアクセスポイントが設置されます。

東海道本線:三島駅、沼津駅、富士駅、清水駅、静岡駅、掛川駅、愛野駅、浜松駅、豊橋駅、岡崎駅、刈谷駅、名古屋駅、岐阜駅
御殿場線:御殿場駅
身延線:富士宮駅
中央本線:金山駅、高蔵寺駅、中津川駅、木曽福島駅
高山本線:下呂駅、高山駅、飛驒古川駅
紀勢本線:津駅
参宮線:伊勢市駅

こちらは2018年3月のサービス開始を予定しています。

現在も、事前に事業者との契約が必要なWi-Fiサービス(NTT-SPOTなど)は車内で提供されていますが、今回導入されるものは事前契約なしで利用できます。

同社では、エクスプレス予約及びスマートEXの展開による新幹線のネット予約の拡充に加え、スマートフォン等を介しての運行情報提供などに取り組んでいます。今回の発表はこうした取組みの一環で、国内だけでなく、訪日外国人も含めて、スマートフォン等でネット予約や運行情報・観光情報等の取得ができるように、無料Wi-Fi サービスの拡大を進めていくとしています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい