京王初の座席指定列車「京王ライナー」が2月22日デビューへ!一律400円で新宿の次は府中・永山

京王電鉄は1月24日、2018年のダイヤ改正を2月22日に行うと発表し、同時に新たに運転を開始する同社初の座席指定列車「京王ライナー」の概要を発表しました。昨年デビューした16年ぶりの新型車両5000系をクロスシートで使用する有料の座席指定列車です。

京王電鉄

過去記事:京王電鉄 16年ぶりの新車両5000系が9月26日デビュー 来年には有料の座席指定列車として運転 全席コンセントで座席は3変化!

京王初となる座席指定列車、愛称は「京王ライナー」。

従来の特急より上位となる最速種別の列車として走り、長距離区間の利用者の着席ニーズに対応し、勤務先・外出先からの帰宅時に便利な列車として、平日・土休日の夜間に新宿発・京王八王子行、新宿発・橋本行で運行。途中停車駅は府中、分倍河原、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、北野、京王永山、京王多摩センター、南大沢です。

京王ライナーには2017年9月にはクロスシート・ロングシートに転換可能な座席を採用した新型車両5000系を使用。現在はロングシートで運行中だが、座席指定列車ではクロスシートによる運行となります。1編成あたりの総座席数は438席です。

運行は平日・土休日とも夜間時間帯を中心に、京王八王子行き5本、橋本行き5本の合計1日10本

平日は京王八王子行きが20時00分から、橋本行きが20時30分からおおよそ1時間に1本ずつの運行で、最終はそれぞれ0時00分、0時20分発。土休日は17時台から21時台までの発車になります。

所要時間は、新宿駅から京王八王子駅までが最速35分京王多摩センター駅までが最速24分

座席指定料金は一律400円で、購入は、ウェブサイト「京王チケットレスサービス」の場合、各種クレジットカード決済で座席指定可能。乗車当日の始発から発車15分前まで購入可能です。駅に設置される専用券売機(京王新宿駅改札外・改札内、京王新宿駅2番線ホーム)の場合、座席は自動割り振り、乗車当日の始発から乗車1分前まで購入できます。なお、府中~京王八王子間、京王永山~橋本間のみ乗車する場合、座席指定料金は不要です。

愛称については昨年4~5月にかけて座席指定列車の投票が行われ、「京王ライナー」「京王スマートライナー」「京王プライムライナー」「Luxpress(ラクスプレス)」「WESTAR(ウェスター)」の5つが候補に挙がっていました。愛称に決定した「京王ライナー」は京王電鉄の新サービスをシンプルに表現したもので、愛称投票でも最多得票(総数約2万4,000票で「京王ライナー」は約6,300票)を獲得したといいます。

京王ライナー」はダイヤ改正の実施に合わせて2月22日から運行開始します。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい