Apple、Siriスマートスピーカー「HomePod」を米英豪で2月9日に発売 仏独でも春に 日本発売は未定

米Appleは1月23日(現地時間)、Siriを搭載した同社初のスマートスピーカー「HomePod」を米国・英国・オーストラリアにおいて2月9日に発売すると発表しました。1月26日に予約販売を開始します。

フランスとドイツでも春に販売を開始予定ですが、日本での販売は未定です。

Apple HomePod

Apple初のスマートスピーカー「HomePod」は、2017年6月にWWDC 17で発表され、昨年末に発売する計画だったが、開発が長引いて延期していました。

HomePodは、高さ17.2センチ、幅14.2センチの円筒型をしたスピーカーで、カラーはスペースグレイとホワイトの2色。

ウーファー、7つのツィーター・アレイ、6つのマイク・アレイを内蔵し、プロセッサはiPhone 6と同じApple A8

大きな特徴は空間認識。部屋の中でどこに置かれているのかを認識する機能を持ち、部屋の形状に合わせて、音を調整するといい、クリーンな低音を実現する独自の大型ウーファーや7個のビームフォーミングツイーターのカスタムアレイを備え、ピュアな高周波音響を実現。Wi-Fiスピーカーとしても重宝しそうです。

ディスプレイはありませんが、音声アシスタント「Siri」を内蔵しており、「Hey Siri」と話しかけて、質問すると答えてくれたり、アラームをセットしたり、メッセージを送ったり、ニュースをチェックしたり、音楽を再生したりできます。

またApple Musicとひも付き、ユーザーの好みに合わせた選曲や提案が可能。4,000万曲以上を揃えるApple Musicに最適にデザインされているといいます。例えば「Hey Siri、この曲いいね」と言うと、HomePodとApple Musicが何百ものジャンルやムード、何万ものプレイリストの中からユーザーの好みを学び、その音楽の好みはどのデバイスでも共有されます。ミュージックライブラリの中で高度な検索をすることも、「Hey Siri、この曲のドラマーは誰?」といった質問をしたり、家にいる全員と共有できる次に再生する音楽のリストを作成したりすることができます。

上面がタッチ対応パネルになっており、指でタップしてオーディオ再生を操作することも可能。たとえば、1タップで再生/一時停止、+マークの部分のタップで音量アップ、ダブルタップで次の曲へのスキップです。

SiriKitと呼ばれる開発者向けのプラットフォームも用意され、開発者はHomePodから音声で操作できるアプリを製作できます。一例としてWhatsAppでのメッセージングや、Evernoteでリマインダーのセットなどが利用できます。

またAppleのスマート家電規格「HomeKit」対応機器を音声で操作することもでき、照明の点灯や空調設備の設定なども可能。Siriを通じてHomePodからそれらの制御を行えます。

通信は、Wi-Fi (802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth。使うには、Wi-Fiを通じたインターネット接続、そしてiOS 11.2.5以上で動作する下記のiOSデバイスが必要。全ての音楽機能を使用するには「Apple Music」の有料サービスの加入が必要です。

HomePodは、2台のHomePodを連動させたステレオ機能や、AirPlay 2によるマルチルーム音楽再生もサポートしますが、2月9日の発売時にそれらの機能は実装されません。ソフトウエアアップデートで追加される予定です。

HomePodは米・英・豪で2月9日から出荷されるほか、フランス・ドイツで春に発売予定。日本については、残念ながら今回も言及がなく発売時期未定のままです。

価格は349米ドル。1月26日から、Appleのオンラインストアで予約を受け付けます。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい