任天堂、コントローラを自分で作れる「Nintendo Labo」を発表 Switchと合体できる工作キット 4月20日発売

任天堂は1月18日、「Nintendo Switch」のコントローラをダンボールで制作する“新しい遊び”として「Nintendo Labo」を4月20日に発売すると発表しました。ピアノやつりざお、バイクなど5種類のToy Conキットが付属する「VARIETY KIT」(6980円、税抜)と,ロボット型のキットが付属する「ROBOT KIT」(7980円、税抜)が発売されます。

Nintendo Labo

先日、任天堂が突如予告した「新しいあそび」、その内容はNintendo Switchと合体させられる、ダンボール製の自作キット「Nintendo Labo」でした。

Nintendo Laboでは、Nindtendo Switch用ソフトとダンボールシート、ヒモなどが入った「キット」が販売されます。そして段ボールシートを自分で組み立て、自分の手でコントローラ「Toy Con」をつくり、Nintendo Switchを組み込んでソフトを起動すれば、新しいあそびが体験できるというものです。

Switchの着脱式コントローラJoy-Conが内蔵する各種のセンサを活用することで、段ボールで作った釣り竿・ピアノ・バイク・ドールハウスなどが新しいコントローラ「Toy-Con」になり、スイッチ本体側のソフトとあわせて新しい遊びができます。

段ボールでできているため、指示どおりに組み立てるのはもちろん、自分好みにデコレーションできる「デコるセット」(980円、税抜)でデコったりカスタマイズしたり、どうやってコントローラとして動いているのか構造から理解したり、自分なりにアレンジして組み合わせて新しい遊びを作るなど、段ボール製ならではの拡張性が工作オモチャとして、知育トイとして様々な遊び方ができます。

発売は4月20日。ピアノやバイクなど複数のキットで遊べる「VARIETY KIT」(6980円、税抜)と、ひとが着装して画面の中のロボットを動かすマンマシンインターフェースになる「ROBOT KIT」(7980円、税抜)の二種類を発売予定。同日に、マスキングテープやシール、ステンシルシートなどが組み合わさった「デコるセット」(980円、税抜)も発売します。

どういった遊びになるのか、想像が付かない部分も多いNintendo Laboですが、親子で体験できるイベントが2月17日と18日に東京・渋谷で,2月24日と25日に大阪・梅田で開催予定。公式サイトからエントリーできます。

「テレビゲームの魅力の前には見向きもしない」というのがありがちな知育トイですが、これなら「あそび」自体にも、組み立てトイにも、任天堂のテレビゲームやトイのノウハウを取り入れたいい製品になりそうです。昨年は供給が間に合わず大きな機会損失となっていましたが、今年はまさに勝負の年。Nintendoの新たな挑戦に注目です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい