NTTドコモ、QRコード決済「d払い」を4月スタート キャッシュレス決済に本格参入へ

NTTドコモは1月17日、QRコードによるキャッシュレス決済サービス「d払い」を4月に開始すると発表しました。スマホに表示したバーコードを使って実店舗での支払いが可能で、その代金は毎月の携帯料金と合算して支払えます。

NTTドコモ報道発表資料

d払い」は、専用アプリの画面上に表示したQRコード(バーコード)を、加盟店のPOSレジや決済端末で読み取ることで、キャッシュレスで買い物ができるスマホ決済サービスです。

支払い方法としては、毎月の携帯料金と合算できるほか、クレジットカードと連携したり、dポイントを1ポイント1円として利用可能。また、支払金額に応じて200円につき1ポイントのdポイントが貯まります

加盟店は、これまではスマホ決済を導入するにあたり、POSレジの改修を行うことが一般的でしたが、この「d払い」では、市販のタブレットと専用アプリを準備するだけで、手軽にサービスを提供できます。POSレジ不要で、市販のタブレットと専用アプリを準備するだけで手軽にサービスを提供できる点も売りにします。

ユーザーが店頭で「d払い」で支払う場合、専用アプリの「d払い」アプリを起動すればQRコードとバーコードが表示されます。店舗側は、タブレットのPOSレジアプリなどを使って支払額を提示した上で、ユーザーのスマートフォンに表示されるコードを読み取るだけでok。

支払いは携帯電話料金と合算して支払うポストペイ(後払い)。携帯電話との合算で支払える上限が、そのまま「d払い」の上限になるので、利用実績にあわせて携帯電話と合算できる限度額を増加できる仕組みにする予定です。またドコモ回線を利用していないユーザーも、クレジットカードを登録することで「d払い」を利用できます

d払いは現時点で10社、計1万9000店舗で取り扱い予定。ドコモによると早期に10万店舗以上の展開を目指すといいます。なお、現時点で導入予定なのは、ローソンやマツモトキヨシ、高島屋、タワーレコード、ユナイテッドアローズ、ウェルシアホールディングスなどとなっています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい