近鉄、大阪ー名古屋間の名阪特急に次世代車両を2020年導入へ  「くつろぎのアップグレード」テーマに全席にバックシェルを日本初導入

近畿日本鉄道は1月11日、大阪難波ー近鉄名古屋間を走る名阪特急に新型車両を導入すると発表しました。運行開始は2020年春の予定です。

近畿日本鉄道

今回導入が発表された新型車両は大阪難波ー近鉄名古屋間を走る名阪特急2020年春の運行開始を予定しており、6両編成を8編成、8両編成を3編成の計72両を製造予定です。

大阪と名古屋を結ぶ近鉄の次世代車両は、先進的でスピード感あふれる形状とし、外観カラーには透明感のある深い赤を採用。「くつろぎのアップグレード」をテーマに、後席に気兼ねなく背もたれを倒せるバックシェルを日本で初めて全席に装備。また、座席の前後幅を広く確保するなど、室内の居住性を大幅にアップさせます。

先頭車両(ハイグレード車両)は全席3列シートで、座席の前後幅はアーバンライナーよりも25cm広いという日本最大級の130cm。本革を使用したシートは電動リクライニングと電動レッグレストが備わり、高さと角度が調整できるヘッドレストもつきます。横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションも設置。大きなガラスで見晴らしの良いハイデッカー構造とし、側方と前方の大きな窓で、左右に広がる印象の前面展望が楽しめます。

中間車両(レギュラー車両)は4列シートで、座席の前後幅は近鉄最大の116cm。ガラス製の荷棚と仕切扉を用いた開放感のある車内としています。

ハイグレード車両、レギュラー車両とも、空気清浄機、無料Wi-Fi、大型の荷物に対応した置き場、を設電源コンセント(全席)を導入。車内表示器は、日本語・英語・中国語・韓国語に対応します。デッキと大型荷物置き場には、防犯カメラも設置されます。

ハイグレード車両、レギュラー車両とも全席に電源コンセントを設け、空気清浄機も全車に設置。無料インターネット接続サービス(無料Wi-Fi)の提供、多言語対応(日本語、英語、中国語、韓国語)の車内表示器大型荷物を収容できる荷物置場などインバウンド対応を強化するほか、座席以外でくつろげるユーティリティスペースも設置します。

また衝突事故時の安全に配慮した車体設計とし、紫外線・赤外線をカットする大型窓を採用。デッキや大型荷物置場に防犯カメラを設置することで、防犯性も高めます。

「新型名阪特急」の定員は6両編成が239人、8両編成が327人。投資額は約184億円とされています。近鉄は「名阪間のビジネス、観光、お出かけなど多様な用途のお客さまに快適な移動空間をご提供いたします」としています。

大阪~名古屋間の都市間鉄道輸送では、JR東海の東海道新幹線と近鉄の名阪特急が競合。所要時間は東海道新幹線の名古屋~新大阪間が50分前後に対し、近鉄名阪特急の大阪難波~近鉄名古屋間は2時間強と倍以上かかります。一方、所定の運賃・料金は東海道新幹線(普通車自由席)が5830円なのに対し、近鉄名阪特急(レギュラー)は約1600円安い4260円。

ハイグレードな名阪特急導入で、名阪間の競合関係が変わるかもしれません。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい