Fitbit初のスマートウォッチ「Fitbit Ionic」が日本上陸 最大5日のバッテリーのアクティビティトラッカーの進化系

米Fitbitは、同社初となるスマートウォッチ「Fitbit Ionic」を、1月18日に日本で発売すると発表しました。価格は36,000円(税込)で、Amazon.co.jp、ビックカメラ.com、ヨドバシ.comにて先行予約を開始しています。

Fitbit Ionic

2017年末に海外で発売されたFitbit初のスマートウォッチ「Fitbit Ionic」。アクティビティトラッカーの雄ともいえるFitbitが、ついにスマートウォッチを発売しました。

5気圧までの防水機能(水深50mまで耐水性あり)を備えたFitbit Ionicは、ランニングや水泳にダイレクトに臨めるよう、水泳エクササイズに対応。新たに水泳エクササイズモードを搭載したことで、リアルタイムでラップ数や時間、消費カロリーを測定できます。

GPS追跡では、新たにランニング自動検出機能を搭載。走り出すだけでリアルタイムでペースと距離を確認し、休憩を取ると自動停止し、走り始めると自動で再開してくれます。またPurePulse心拍計により、心拍数は正確に計測され、リアルタイムで心拍ゾーンを確認しながらトレーニングできます。カロリー消費量もより正確に測定できるようになりました、

歩数、距離、消費カロリー、心拍数はもちろん睡眠計測も進化し、血中酸素濃度を予測する相対SpO2センサーを導入。睡眠時無呼吸など、今まで知らなかった健康に関する指標も示せる可能性が大きいとしています。

iOS・Androidのfitbitアプリより、計測したログは事細かにみることができ、健康管理も簡単になりそうです。

もちろんスマートウォッチとしての使い方もバッチリ。

スマホを自宅に置いた状態でも300曲以上の音楽を再生できるよう、2.5GBの内蔵ストレージに音楽を保存できるほか、GmailやFacebook、カレンダーの予定通知機能なども搭載。fitbitのアクティビティトラッカー同様、通知をカスタマイズすることも可能です。加えて日本未対応ですがfitbit payでの支払いもできます。

OSはfitbit OSで、対応したアプリならニュースを読んだりスマート家電を操作したり、天気を調べたりといったことも可能。Bluetoothイヤホンに繋いで音楽再生もできます。

バッテリー持続時間は、フル充電時で最大5日間。GPS利用時または音楽再生時は最長10時間です。

カラーは、ブルーグレー&シルバー、スレートブルー&バーントオレンジ、チャコール&グラファイトグレーの3色を用意。バンドの付替えもできます。

 

価格は3万6000円、発売日は2018年1月18日(木)Amazonや全国の家電量販店で購入できます。また先行予約もAmazon、ビックカメラ.com、ヨドバシ.comで開始しています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい