au、2018年春モデル7機種を発表 au初のHuawei製「nova 2」、オリジナルブランドの「Qua」シリーズ3モデルなど

au KDDIは1月9日、2018年春の新商品発表会を行い、新モデル7機種を発表しました。

au 2018 Spring Correction

2018年春モデルとしてラインナップに加わるのは、スマホ3機種・子供向けケータイ1機種・タブレット2機種・モバイルルーター1機種の計7機種。

auオリジナルブランドの「Qua」シリーズは、スマートフォンの「Qua phone QZ」、10インチタブレットの「Qua tab QZ10」、8インチタブレットの「Qua tab QZ8」の3つがラインナップに加わります。

スマートフォンでは、auでは初のHuawei製端末「HUAWEI nova 2」をラインナップ。他にスマートフォン初心者向けの「BASIO3」や、子供向けケータイ「mamorino4」、下り708MbpsのモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」も発表も発表されました。

この記事ではスマートフォン3機種をご紹介します。

Huawei「HUAWEI nova 2」

HUAWEI nova 2」(HWV31)は、auのAndroidスマートフォンでは初となるHuawei製端末。ミドルレンジながらもオクタコアCPU、4GB RAM、64GBのストレージを搭載するハイパフォーマンスモデルで、海外モデルはデュアルSIM仕様ですが、au版ではSDカードスロットを兼ねたシングルSIM仕様です。

大きな特徴がデュアルレンズカメラ。メインのアウトカメラは1200万画素と800万画素のダブルレンズで、標準画角のほか2倍望遠レンズを搭載するため、画質の劣化を抑えたズームが可能。背景をぼかすポートレート撮影モードでは、撮影後にフォーカス位置やぼかしの程度を調整できます。インカメラも約2000万画素と高性能。3D顔認識技術やビューティ補正機能により、肌の質感や色合いを調整して好印象な自撮り写真に仕上げることができます。

ディスプレイは5インチのフルHD液晶(1920×1080ドット)で、1.6mmの狭額縁設計によるスリムなボディを実現。

CPUはKirin 659、内蔵メモリ(RAM)は4GB、内蔵ストレージは64GBで、最大128GBまでのmicroSDXCに対応。バッテリー容量は2950mAh。大きさは約69×142×6.9mm、重さは約143gです。

生体認証として背面に指紋認証センサーを搭載。ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイ、防水防塵などの日本向け仕様には非対応です。1月下旬に発売予定です。

ボディカラーはオーロラブルー、グラファイトブラック、ローズゴールドの3色。1月下旬に発売予定です。

auオリジナル「Qua phone QZ」

Qua phone QZ」は、スマートフォン初心者を意識したauオリジナルブランドのQua phoneシリーズの最新モデル。製造は京セラです。製のAndroid 8.0スマートフォン。約5インチのフルHDディスプレイや、1300万画素カメラと500万画素のインカメラを備える。2月下旬に発売される。価格は、実質負担額が1万6200円(税込)、毎月割適用前の価格が3万2400円となる見込み。

最大の特徴は、防水・防塵・耐衝撃に加えて、ガラスにアクリルパネルを重ねることで実現した割れに強いディスプレイ防水防塵はIPX5/IPX8とIP5Xに準拠、耐衝撃性に関してはMIL規格に準じて設計され、強化ガラスにはDragontrail Xを採用。傷に強いコーティングを施したアクリルスクリーンを重ねるハイブリッドシールド構造を取り入れています。

ディスプレイは5インチ・フルHD液晶(1920 x 1080)、チップセットはSnapdragon 430、内蔵メモリ(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GBで、最大256GBのmicroSDXCに対応。

アウトカメラは1300万画素で、高速かつ追従性に優れた「像面位相差オートフォーカス」も搭載。インカメラは500万画素です。

本体サイズは約72×145×8.7mm(暫定値)で、2600mAhのバッテリーを搭載。ワンセグ・おサイフには非対応。

カラーはツートンデザインのチョコミント、カシスピンク、シトラスレモン、インディゴの4ラインナップ。2018年2月下旬以降に発売予定です。

スマホ初心者向け「BASIO3」

BASIO3」は、主にシニア層などスマートフォンの初心者に向けたモデル。製造は京セラです。

スマートフォンがいつも通り使えないといった困りごとを解決する手段として、パッケージには診断アプリを起動させるカード「かざして診断カード」が同梱されており、これにスマートフォンの背面をかざすことで診断機能を利用できるようになっています。

前モデルから引き続き、背面のカメラにはスライド式のカバーを装備。カバーを開けると自動的にカメラが起動するようになっています。

ディスプレイは5インチ液晶ディスプレイ。内蔵メモリ(RAM)は3GB、ストレージは32GB。最大256GBまでのmicroSDXCカードを利用できます。メインカメラは1300万画素で、インカメラは約500万画素。ワンセグ、赤外線通信、防水・防塵に対応しますが、NFCは情報取得/リンクのみ。おサイフケータイには対応しません。バッテリー容量は2940mAhで、本体サイズは約71×144×9.9(最厚部10.1)mm、重さは約150g。

ボディカラーはゴールド、ブルー、レッドの3色で1月下旬発売です。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい