【CES 2018】Sony、ミドルハイの「Xperia XA2/XA2 Ultra/L2」を発表 XA1 Ultraは初のデュアルフロントカメラを搭載

アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大の家電・IT見本市「CES 2018」で、ソニーはAndroidスマートフォン「Xperia」の新製品「Xperia XA2」「Xperia XA2 Ultra」「Xperia L2」を発表しました。ミドルハイのXA2/XA2 Ultraは2月、エントリーモデルのL2は1月に発売予定です。

SONY Xperia XA2 Ultra (English)/Sony Japanプレスリリース

【CES関連記事一覧はこちら】

Xperia XA2/XA2 Ultraは、昨年登場したXperia XA1/XA1 Ultraの後継モデル。

プロセッサはどちらもQualcomm Snapdragon 630を搭載し、OSはAndroid 8.0 Oreo。画面左右のベゼルを狭めたボーダーレスデザインを採用し、上下左右に施したアルマイト処理の金属素材により高級感溢れるメタリックな質感を実現。前モデルから引き継いだベゼルレスデザインです。

また最近のXperiaといえば側面の電源ボタンに内蔵した指紋センサーが特徴的でしたが、XA2/XA2 Ultraでは背面カメラレンズの真下に丸い指紋センサを搭載します。

XA2 Ultraはサイズもスペックも無印XA2より上位で、最も大きな特徴がセルフィー用のデュアルフロントカメラ800万画素・F2.4と1600万画素・F2.0「Exmor R」レンズを搭載し、手ぶれ補正にも対応した120度の広角レンズなので、大勢でのセルフィーでも活躍します。また背面のカメラは2300万画素・F2.0の「Exmor RSTM」レンズ。ハイブリッドAFや4K動画撮影、120fpsのスローモーション撮影にも対応しています。

XA2 Ultraのディスプレイは6インチフルHDディスプレイ(1920×1080ドット)で、内蔵メモリ(RAM)は4GB、内蔵ストレージは32GB/64GBで、外部ストレージとして最大256GBのmicroSDカードを利用できます。

バッテリーは3,580mAhで、QuickCharge 3.0をサポート、外部接続端子はUSB type-Cです。生体認証は背面に備える指紋認証センサ、本体サイズは163×80×9.5mm、重量は221gです。カラバリはシルバー、ブラック、ブルー、ゴールドの4色展開です。

XA2は、ディスプレイが5.2インチフルHDディスプレイ(1920×1080ドット)で、内蔵メモリ(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GBで、外部ストレージとして最大256GBのmicroSDカードを利用できます。

カメラは前面のインカメラが120度広角で800万画素の「Exmor R」背面が2300万画素・F2.0の「Exmor RSTM」レンズです。

バッテリーが3,300mAhで、QuickCharge 3.0をサポート、外部接続端子はUSB type-Cです。生体認証は背面に備える指紋認証センサ、本体サイズは142×70×9.7ミリ、重量は171g。カラバリはシルバー、ブラック、ブルー、ピンクの4色展開です。

Xperia L2は、昨年3月発表の「Xperia L1」の後継となるエントリーモデル。

プロセッサはMediatek MT6737T、ディスプレイ5.5インチで、内蔵メモリ(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GBです。カメラはフロントが800万画素、リアは1300万画素で、バッテリは3300mAh。

XA2/XA2 Ultra同様に背面に指紋認証センサーがついており、OSはAndroid 7.1.1 Nougat。本体サイズは150×78×9.8mm、重量は178gで、カラバリは黒、ゴールド、ピンクの3色展開です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい