「5G」モバイル通信、2018年内にAT&Tが提供開始へ 米国内で初のモバイル5G商用化 日本でも実証実験進む

アメリカ第二の移動体通信事業者・AT&Tは1月4日(現地時間)、2018年内に米国内の12の市場でモバイル5Gネットワークと、このネットワークを利用できるデバイスの提供を開始する計画を発表しました。実現すれば米国で5Gをモバイル向けに商用化する初めての事業者になります。

 

AT&T

今回AT&Tが発表した「第5世代移動通信システム=5G」は、2018年に家庭向けブロードバンドサービスの代わりに5Gサービスを提供する米Verizonの計画とは異なり、現在利用されている標準的な移動体通信サービスにあたります。

AT&Tは昨年、「5G Evolution」市場とよばれる、無線通信速度を高速化するが5Gではないインフラを備えた市場を展開してきました。同社は、5G Evolutionを「5Gの基盤」となるとしています。

プレスによると、AT&Tは複数のパートナーやサプライヤーと協力し、2018年内に5G対応のデバイスを商品化する予定で、米国の12余りの都市で5Gモバイルサービスを導入すると発表。将来的に世界を変える可能性がある「5G」がはじめて私たちの手に届きます。

5GはLTE、やLTE-Advancedのさらに次となる第5世代移動通信システムです。現在、固定アンテナ間の試験運用や実験にとどまっていますが、日本でもNTTドコモを中心に積極的な実験や試験運用、トライアルサイトが開始。ドコモでは2020年にもサービス提供開始を目指しています。

世界各国で行われている実験の結果は、5G関連の世界の研究団体や国際会議、5Gの標準化活動などで発表され、高度な技術の創出と確立に向けた検討が進められています。

2017年12月には標準化団体の3GPPにおける無線方式の仕様を規定する技術会合の3GPP TSG RAN Plenary会合にて5G New Radio(5G NR)の標準仕様の初版策定が完了しました。5G NRは5Gの要求条件を満たすために3GPPで新たに規定される無線方式で、5G NRの標準仕様の初版では5G NRの機能のうちLTEとの連携を含めた重要機能を規定しているもの。5G NRの標準仕様の初版策定によって、5Gのチップセットや端末などの本格的な開発や商用化も可能となります。

2020年代の情報社会では、移動通信のトラフィック量は2010年と比較して、1000倍以上に増大すると予測されています。「5G」はこのような増大するトラフィックに応えるネットワークシステムの大容量化を、低コスト・低消費電力で実現することを目標としています。

10Gbpsを超えるような超高速通信やさらなる低遅延化、IoTなどの普及に伴う多数の端末との接続への対応といった幅広い性能をもつ「5G」。

世界を変える技術が、もうすぐそこまで来ています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい