国内線の機内Wi-Fi、ANAも2018年春から無料で提供へ シートモニター・USBポート・PC電源の装着も

ANA(全日空空輸)は12月20日、国内線の機内Wi-Fiインターネットサービス「ANA Wi-Fi Service」を無料化すると発表しました。無料化の実施は2018年4月1日からです。

ANA-国内線「ANA Wi-Fi Service」

ANAプレスリリース

ANAは国内線の機内Wi-Fi「ANA Wi-Fi Service」でインターネット接続サービスを提供していますが、この使用料が2018年4月1日から無料になります。現在は40分550円、フルフライトで1050円の料金で提供しています。

国内線の無料機内Wi-Fiインターネットは、2017年6月にJAL(日本航空)がそれまで期間限定キャンペーンで行っていたものを無期限で無料提供すると発表。ANAはそれに続く形となりました。

機内Wi-Fiを利用できるのは、国内線の「ANA Wi-Fi Service」対応機材で、現状ではボーイング B777、B787、B767、B737-800型機エアバスA321型機のすべてのクラスが対象。今後も順次対応機材を増やし、2018年度末までには約100機にするとしています。

なお国内線のボーイングB737-500、B737-700型機、エアバスA320型機、ボンバルディアDHC8-Q400型機、国際線は対象外となります。

A321機に設置されているシートモニター

そして国内線の主力機であるB777・B787型機へのシートモニター、USB充電ポート、PC電源の装着2019年度下期以降、順次展開していく計画です。

またあわせて2018年4月1日から、機内Wi-Fiサービスで無料提供しているニュースやスポーツ、ドラマやアニメなどのコンテンツをさらに充実させ、100コンテンツ以上にします。

 

「ANA Wi-Fi Service」の利用には、搭乗前に「ANA」アプリをスマートフォンなどにインストールしておく必要があります。

全てのコンテンツを利用するには、ANA公式アプリが必要で、ブラウザからの接続の場合、一部コンテンツのみの利用になります。

ちなみに、現在も無料コンテンツとして「ANA」アプリでは、ANA SKY LIVE TV、ビデオ、オーディオ、e-booksといったコンテンツが利用可能。リアルタイムでテレビ番組を無料視聴できるなどのサービスを利用可能です。

また、ANA「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」メンバーの方は、2018年1月10日より、先行して無料でサービスを利用できます

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい