Samsung、Infinity Display採用のハイミドル機「Galaxy A8/ A8+」を発表 同社初のフロントデュアルカメラを採用

韓国Samsung Electronicsは、GalaxyS8/ S8+と同じ有機ELの「Infinity Display」を採用したハイミドル端末「Galaxy A8/ A8+(2018)」を発表しました。

Samsung Global- Galaxy A8/A8+

Samsungのハイミドル端末「Galaxy Aシリーズ」ではじめてInfinity Displayを採用した2018年モデルの「Galaxy A8」「Galaxy A8+」が登場しました。2018年1月にもグローバルで発売予定です。

ディスプレイはアスペクト比18.5:9の有機EL・Infinity Display(2220×1080ドット)を採用。サイズはA8が5.6インチ、A8+が6.0インチです。Super AMOLEDのためスリープ状態でも時計や通知を確認できるAlways on Displayが利用できます。

デザインはGalaxy S8と共通のデザインに見えますが、側面は湾曲したエッジディスプレイにはなっていません

最大の特徴は、Samsung端末で初搭載となるフロントのデュアルカメラ。レンズは1600万画素(F1.9)+800万画素(F1.9)の構成Galaxy Note8の背面カメラのように標準、望遠を切り替えて使うよう仕様になっており、ボケ味を調整できる「ライブフォーカス」にも対応します。

背面カメラは1600万画素(F1.7)のシングルレンズ。明るいレンズを採用しているので、暗いところでもはっきり撮影可能。夜景にもポートレートにも万能です。

ちなみに指紋認証センサーは、S8やNote 8では背面カメラのすぐ横にあり、間違ってカメラを触ってしまうと不満が多かったためか、カメラの下側に配置されています。

本体はIP68の防水防塵性能を備えるほか、Aシリーズとして初めて、SamsungのVRゴーグル Gear VRにも対応します。

そしてSamsungの電子決済サービス「Samsung Pay」や、独自のAIアシスタント「Bixby」にも対応。ちなみにS8などで不評だった「Bixbyボタン」は廃止されています。

生体認証も顔認証と指紋認証の2つに対応しています。(指紋認証センサーは背面)

SoCはExynos 7885(2.2GHz Dual + 1.6GHz Hexa・オクタコア)で、内蔵メモリ(RAM)はA8が4GB、A8+が4GBと6GB内蔵ストレージはどちらも32GB/64GB。外部ストレージとして最大256GBのmicroSDカードを利用できます。

SIMはnanoSIMで、デュアルSIMスタンバイ(DSDS)に対応。なおSIMスロットはmicroSDカードと共通です。

バッテリー容量はA8が3000mAh、A8+が3500mAh。外部端子はUSB type-Cです。

IP68の防水防塵性能を備えるほか、生体認証として「Samsung Pay」を採用。

OSはAndroid7.1.1。カラバリは、ブラック・オーキッドグレー・ブルー・ゴールドの4色です。

発売は2018年1月の予定で、価格は未発表ですが5万円~6万円程度になると見られます。

Galaxy A8といえば、2015年にauからSCV32として発売されたこともありますが、その後グローバルではGalaxy A8(2016)もリリースされているものの国内未発売。

S8ほどのハイエンドモデルはいらないけれど最新トレンドの「Infinity Display」採用デザインで、普段使いに十分なスペックの端末が欲しい、という層には人気が出そう。国内での販売も期待したいですね。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい