相模鉄道、相鉄・JR直通線は2019年開通 新駅名称は「羽沢横浜国大」に 都心とつながる神奈川東部方面線事業

相模鉄道は12月11日、相鉄・JR直通線に新設する羽沢駅(仮)の名称を「羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」駅とすると発表しました。

相模鉄道などがすすめる神奈川東部方面線事業のうち、相鉄・JR直通線は2019年度下期の開業を予定しており、羽沢横浜国大駅も同時に開業します。

相模鉄道プレスリリース

神奈川東部方面線事業は、相鉄本線の西谷駅から東急東横線の日吉駅までを結ぶ、全長約12.7kmの新線

西谷駅からJR貨物の横浜羽沢駅付近までを結ぶ相鉄・JR直通線と、横浜羽沢駅付近から日吉駅までを結ぶ相鉄・東急直通線で構成されます。

現在工事が進められており、まず2019年度下期に相鉄・JR直通線が開業する予定。これにより相鉄とJR東日本の相互直通運転が始まり、まずは品川方面への直通列車が運行される見込みです。

続いて2022年度下期には相鉄・東急直通線が開業し、相鉄と東急電鉄の相互直通運転も行われる予定です。

神奈川西武の相鉄沿線から都心へ出るには、横浜駅などで1度以上乗り換える必要がありましたが、神奈川東部方面線の完成によって、相鉄沿線が都心と直結します。東海道新幹線の新横浜駅へのアクセスも改善することから、相鉄ユーザーでなくともかなり便利になる、大きなポテンシャルを秘めた巨大プロジェクトです。

19年下期にも開業する羽沢横浜国大駅は、JR東海道貨物線の横浜羽沢駅の西側に設置。駅番号は「SO51」です。

駅の仮称は羽沢駅でしたが、相鉄は同駅の主な利用者が「羽沢地区にお住まいの方および南東に位置する横浜国立大学の関係者」になると想定。駅付近の町名である「羽沢」と、横浜国立大学の略称を併記した「羽沢横浜国大」を開業時の正式な駅名としました。 今後は都市鉄道等利便増進法にもとづき、関係自治体との協議など手続きを行います。

新駅のデザインコンセプトは「安全×安心×エレガント」で、2面2線の相対式ホームにホームドアが整備され、誰でも安心して利用できる駅をめざすといいます。駅舎のデザインは相鉄グループが取り組む「デザインブランドアッププロジェクト」にもとづき、キーマテリアルの「鉄」「レンガ」「ガラス」、キーカラーの「ダークグレー」を用い、案内サインなどの視認性向上も図る。駅設備として改札口1カ所、エレベーター2基、エスカレーター4基も設置予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい