Fossil、MISFITブランドから心拍計搭載のスマートウォッチ「VAPOR」を国内発売開始へ Android Wear 2.0搭載で価格は25,800円

Fossilは、心拍センサーを搭載するAndroid Wearスマートウォッチ「Vapor(ヴェイパー)」をMISFITブランドより12月8日に国内発売を開始すると発表しました。価格は2万5800円(税抜)です。

Fossil – MISFIT VAPOR

Vaporは2017年1月に行われたCES 2017で発表されていたFossilのスマートウォッチ。今年夏に発売予定でしたが発売が一度延期され、アメリカでは10月末に発売されています。

MISFITブランドとしては、「Vapor」は初のタッチパネル・Android Wear 2.0搭載のスマートウォッチとなります。

ディスプレイは丸型フルラウンドタッチスクリーンの1.39インチAMOLEDディスプレイ

OSはAndroid Wear 2.0を標準搭載します。Snapdragon Wear 2100と4GBのストレージを内蔵しており、バッテリー寿命はフル充電で2日間利用可能。充電はFossil Qなどと同様にマグネット式の非接触充電です。

Bluetoothイヤホンとペアリングし、単体で音楽再生が可能であるなど、スペック的には標準的なAndroid Wearスマートウォッチと同様です。

独自の特徴としては、ディスプレイ周囲のベゼル部分にもタッチセンサーを内蔵していること。Samsung Gear S3のように、なぞることでスクロールなどの操作が可能です。

光学式心拍センサーを搭載し、50m防水にも対応。水泳時にも装着可能です。

MISFITのアプリと連携し、ランニングやサイクリング、水泳など各種アクティビティの計測にももちろん対応しています。

ステンレススチールのケースは直径44mm、厚さ13.5mm。MISFIT PHASE用のストラップ幅20mmのアクセサリーと互換性があります。

カラバリは、ブラックステンレススティールケース×ブラックシリコンストラップローズゴールドステンレススティールケース×ネイビーシリコンストラップの2種類をラインアップ。

Amazon.co.jp限定でステンレススティールケース×ブラックシリコンストラップも用意されています。

《関連記事》

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい