Suicaだけで新幹線に乗れる「タッチでGo!新幹線」をJR東日本が4月スタート 事前購入なしでもチャージ残額があれば自由席にそのまま乗れる

JR東日本は12月5日、Suicaなどの交通系ICカードで新幹線の普通車自由席を利用できる新サービス「タッチでGo! 新幹線」を2018年4月に導入すると発表しました。

JR東日本

今回発表された「タッチでGo!新幹線」は、SuicaやICOCAなど、全国相互利用可能な交通系ICカードで、チャージ残高があれば、乗車券や特急券の事前購入なしで対象エリアの新幹線普通車自由席を利用できるサービスです。

サービス開始は2018年4月1日。対象となるのはJR東日本エリアの新幹線、東北新幹線:東京~那須塩原間、上越新幹線:東京~上毛高原間、北陸新幹線:東京~安中榛名間です。

なお大宮駅で東北・上越新幹線を乗り継ぐ場合と、高崎で上越・北陸新幹線を乗り継ぐ場合は対象外。一旦改札外に利用する必要があります。

利用時にICカード残高から差し引かれる金額は、乗車券と特急券の効力が一体となった専用商品の値段です。新幹線から在来線に乗り換える際などは、別途、在来線の運賃が必要になります。

サービス開始から当分のあいだは、キャンペーン価格を適用。例えば東北新幹線の東京~宇都宮間は、所定運賃・料金の合計が4410円のところ、「タッチでGo! 新幹線」だと4210円で利用できます。

キャンペーンの詳細や各区間の具体的な価格は決まり次第発表される予定です。

またJR東日本によると、新幹線の指定席についても、2019年度末をめどに同様のサービビスを検討しているということです。

 東海道新幹線・山陽新幹線では、既に「スマートEX」という交通系ICカードで新幹線に乗車できるサービス(過去記事)を開始していますが、こちらはスマートフォンアプリなどで乗車券・特急券の事前購入が必要。決済もICカード残高ではなくクレジットカード等で行います。

何も考えずに改札を通って乗車できる今回の新サービスは、新幹線のありかたを大きく変えることになりそうです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい