ASUS、4100mAhバッテリー搭載の「ZenFone 4 Max」を12月8日国内発売 24,800円でデュアルカメラ搭載

ASUS JAPANは、4100mAhの大容量バッテリーを搭載するAndroidスマートフォン「ZenFone 4 Max」を発売しました。

価格は2万4800円(税抜)で、12月8日発売です。

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Max(ZC520KL)」は、大容量バッテリーが特徴のAndroidスマートフォン。

ASUSがグローバルで8月に発表したモデルとほぼ同じ構成で、市場によってはZenFone 4 Max Proともよばれます。

ディスプレイは5.2インチ、1280×720ドットのISP液晶ディスプレイ。

背面のメインカメラは、1300万画素の標準レンズ500万画素・広角120°レンズのデュアルカメラ構成。0.03秒で合焦するという像面位相差AFを搭載。電子式手ぶれ補正(EIS)に対応します。インカメラは800万画素のシングルレンズ。 140°の広角仕様で、LEDフラッシュを搭載。暗い場所の自撮りもできます。

チップセットはSnapdragon 430(1.4GHzオクタコアCPU)、内蔵メモリ(RAM)は3GB、ストレージ(ROM)が3GB

一番の特徴は、4100mAhの大容量バッテリー。これにより、連続通話時間が約32時間、連続駆動時間が約21時間と1日、外出しても充電せずに使えるといいます。また外部接続端子はmicroUSBです。

また、付属のOTGケーブルを使用し、モバイルバッテリーのように他の端末に給電するリバースチャージ機能にも対応します。前モデルZenFone 3 Maxにも同様の機能が搭載されていましたが、それと比較し約2倍早く給電ができるといいます。

SIMは4G+3Gのデュアル待ち受けに対応したDSDS対応。microSDカードも同時に使えるトリプルスロットを備えます。

その他通信はWi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 4.2をサポート。生体認証として指紋認証センサーをホームボタンに内蔵しています。

本体サイズは約150.5×73.3×8.7mm、重さは約156g。

ボディカラーはネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンクの3色展開。

ASUSオンラインショップでの価格は2万4800円(税抜)で、発売は12月8日です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい