GoogleのVRヘッドセット「Daydream View」は12月13日国内発売 VRコンテンツも提供開始

Googleは、モバイル向けのVRプラットフォーム「Daydream」に対応する同社製のヘッドセット「Daydream View」を12月13日に国内で発売します。

価格は1万2000円(税込)で、12月1日からGoogle Storeで予約受付を開始しています。

Google Japan Blog

#madebygoogle 発表会時の記事

Daydream View」は、GoogleのVRプラットフォーム、Daydreamに対応する純正ヘッドセット。スマートフォンを装着して利用するもので、モーションコントローラーがセットになっており、手の動きを検知でき、ゲームなども操作できます。

DaydreamプラットフォームではChromecastへの映像の送信もサポートされ、ヘッドセットに表示されている映像を、体験している本人だけでなく、家族や友人といっしょに見ることも可能。

10月に開催されたGoogleの発表会「#madebygoogle」において新型が発表され、ようやく日本でも展開されることになります。

新しくなった「Daydream View」は、ファブリック素材を使った外装をみると従来モデルとあまり変わっていないようにみえますが、新設計のフレネルレンズで視野角が約10度広くなったほか、装着方法の改良など多くの点で変更されました。

最も大きな変更点が視野の拡大。新設計のフルネルレンズで視野角が約100度に拡大しました。またスイートスポットも広くなって、VR画像のピントを合わせて維持するのがこれまでよりも簡単になっています。

装着感は顔への圧力をより均等に分散する形状で、多くのユーザーにフィットし、重量をより均等に分散させるストラップがついています。頭頂部ストラップは取り外し可能なものが装備され、安定性を高めることができます。

そしてVR体験には重要な密閉性。鼻のまわりから入ってくる光が減って密閉性が高まったので、旧型よりもVR体験により集中できるようになりました。またふたの中にある新しいマグネシウムヒートシンクにより、オーバーヒートを発生させずに、これまでより長時間、スマートフォンでVRを実行することが可能になっています。

12月1日時点で、日本向けにDaydream View対応スマートフォンとされているのは、LG「V30+」、Motolora「Moto Z」、ZTE「Axon 7」、ASUS「ZenFone AR」、Samsung「Galaxy S8/S8+」「Galaxy Note8」の7機種。対応スマートフォンでは、Google Playから「Daydream」アプリをダウンロードできるようになっています。

Daydream対応コンテンツとして、バーチャルな大画面でYouTubeを見られる「YouTube VR」や、「Google ストリートビュー VR」「Google Play ムービー」「Google フォト」などが用意されるほか、新たに日本向けのコンテンツとして、シューティングゲーム「REZ Infinite」「釣りスタ! VR」「コロプラ」「Abema TV」「360 Channel」などがアナウンスされています。対応コンテンツ自体はグローバルで250を超えており、様々な映像体験を楽しめます。

「Daydream View」の日本向けのカラーはチャコール(ブラック)のみで、価格は1万2000円(税込)。すでに予約が開始されていますが、初回分は売り切れGoogleストアでは入荷待ちの状態です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい