Y!mobile、Android One 4機種など冬春モデルを発表 京セラ、SHARP、シリーズ初のHTCから登場

ソフトバンクグループは11月30日、Y!mobile2017-18年冬春モデルとして、Android Oneスマートフォン4機種、フィーチャーフォン1機種、タブレット2機種の計7機種を発表しました。

Y!mobile

Android Oneスマートフォンは、HTC製「X2」、京セラ製「X3」、シャープ製「S3」、京セラ製「S4」の4機種。

タブレットは10インチの「Lenovo TAB4」(Lenovo製)、と8インチ「MediaPad M3 Lite s」(Huawei製)、フィーチャーフォンは4G通信対応の「DIGNOケータイ2」(京セラ製)です。

Android Oneは「常に最新のAndroidが使える」のが特徴で「発売から18カ月以内に最低1回のアップデートの提供」「最低2年間のアップデート」が保証されるというところがポイントです。どちらもAndroid 8.0 Nougatを標準搭載しています。

HTC Android One X2

HTCが製造するAndroid One X2は、HTC U11 lifeがベースのAndroid Oneスマートフォン。

5.2インチ・フルHD(1920×1080)の液晶ディスプレイに、QulacommのSnapdragon 630・オクタコアCPUを搭載。

背面のメインカメラとインカメラ両方に約1600万画素カメラを搭載しており、自然な色味を再現する「HDRブースト」機能を利用できるのが大きな特徴です。

またU11 Lifeをベースにしているため、本体下部を握るだけでカメラ起動などのショートカット操作が可能な「Edge Sense」も搭載。IP67の防水/防塵もサポートし、おサイフケータイにも対応。ワンセグには非対応です。

本体サイズは約73×149×8.1mm、重量は約142g。メモリ(RAM)は4GB、内蔵ストレージは64GBで、バッテリー容量は2600mAh

カラバリはサファイアブルー、アイスホワイトの2色展開で、発売は12月7日です。

京セラ Android One X3

京セラが製造するAndroid One X3は、防水防塵・耐衝撃に加えワンセグやおサイフケータイにも対応するAndroid Oneスマホ。

ディスプレイは5.2インチ、フルHD(1920×1080ドット)の液晶ディスプレイ。ディスプレイはガラスと樹脂を組み合わせたハイブリッドシールド構造を採用し、画面割れにも強くなっています。

CPUはSnapdragon 630(オクタコア、2.2GHz + 1.8GHz)で、メモリ(RAM)は3GB、ストレージは32GB。メインカメラは1300万画素、インカメラは800万画素です。

防水・防塵、MILスペック準拠の耐衝撃性能を備え、指紋認証センサーFeliCa(おサイフケータイ)ワンセグ赤外線をサポートする、まさに全部入りのAndroid Oneスマホです。

バッテリー容量は2800mAh。本体サイズは約72×149×8.2mm、重さは約150g。

ボディカラーはホワイト、ライトブルー、ブラックの3色で、2018年1月下旬以降発売予定です。

SHARP Android One S3

SHARPが製造するAndroid One S3は、SHARPのIGZO液晶を搭載したAndroid Oneスマートフォン。

ディスプレイは5.0インチ、フルHD(1920×1080ドット)のIGZO液晶ディスプレイで、「S-Pure LED」バックライトにより色再現性も高めています。メインカメラは1310万画素、インカメラは500万画素です。

CPUはSnapdragon 430(オクタコア・1.4GHz + 1.1GHz)で、メモリ(RAM)は3GB、ストレージは32GB。

防水・防塵のほか、MILスペックに準拠した耐衝撃性能を備え、画面は水滴が付いていても操作しやすくなっています。ワンセグやおサイフケータイ(Felica)には非対応です。

バッテリー容量は2700mAh。本体サイズは約71×144×8.5mm、重さは約143g。

ボディカラーはターコイズ、ネイビーブラック、ホワイト、ピンクの4色で、2018年1月中旬以降発売予定です。

京セラ Android One S4

京セラが製造するAndroid One S4は、耐衝撃性、防水防塵、赤外線通信といった機能が搭載されたエントリーモデルのAndroid Oneスマホ。

ディスプレイは5.0インチ・フルHD(1920×1080)の液晶ディスプレイ。メインカメラは1300万画素、インカメラは500万画素で、CPUはSnapdragon 430メモリ(RAM)は3GB、ストレージは32GBです。

防水防塵に対応するほか、赤外線通信にも対応し、Android One X4と同様にガラスと樹脂を組み合わせたハイブリッドシールド構造を採用することで、画面割れも防げるといいます。おサイフケータイ、ワンセグは非対応です。

バッテリー容量は2600mAh。本体サイズは約72×145×8.4mm、重さは約130g。

ボディカラーはホワイト、ブラウンブラック、ライトブルー、ピンクの4色で、2018年2月上旬以降発売予定です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい