Adobe、新しい和文書体「貂明朝」を発表 Typekitなどで利用可能に 鳥獣戯画からインスパイアされた明朝体

Adobe Systemsは11月28日、開催中のAdobe MAX Japan 2017で発表した新書体「貂明朝」(てんみんちょう)が、Adobe Typekitの書体ライブラリーに追加されたことを発表しました。Creative Cloud の有料ユーザーは、追加料金なしで利用できます。

Adobe typekit Blog

Adobe Typekit

貂明朝(てんみんちょう)は、Adobeのチーフタイプデザイナーである西塚涼子氏がデザインした、アドビオリジナルの新しい和文書体。手書きの特徴と明朝体を融合した新フォントで、特徴は暗い背景でも可読性を失うことなく使えることだといいます。

コンセプトは「かわいくて怪しい明朝体」。フォント名はイタチ科の哺乳動物「貂(てん)」。かわいらしいけもの、という貂の特徴がまさに反映されたフォントです。

江戸時代の瓦版印刷に見える運筆の特徴も取り入れ、それに丸みを加えたデザイン。鳥獣戯画などに描かれた愛らしい小動物の姿にもインスパイアされたといいます。伝統的な明朝体の画線の先端を丸め、やや太めに仕上げ、ふところは小さめになっているのも大きな特徴で、広告コピー、書籍・出版物のタイトルなど幅広い用途で利用できるデザインとなっています。

基本的に和文書体である貂明朝には、JIS X 0208の第一水準と第二水準の漢字、最新の常用漢字と人名用漢字の文字集合を含む6,469文字の漢字が含まれます。

さらに同社Type 部門のプリンシパルデザイナーであるロバート・スリムバック氏のデザインによる「Ten Oldstyle」というフルセットの欧文グリフ2100文字が含まれ、手書きのカリグラフィがもつ素早い筆致と、イタリアルネサンスの古典的人文主義様式の本文用活字書体のもつ実用性を兼ね備えています。これは、日本語フォントでは普通は見かけることの少ない OpenTypeフィーチャーを含み、スモールキャップと罫表組み用数字、オールドスタイル数字などにも対応し、イタリック体も備えています。かな・シンボル・約物も合計で500文字含まれています。

さらにSVGグリフの中には、フォント名の由来でもある「貂」の姿をしたグリフ(字体)も隠されているとのこと。色付きのSVGグリフにしたバージョンの貂明朝が2018年には導入されるということです。

同じく2018年には貂明朝のOpenType Collection(OTC)版も入手可能となっており、源ノ明朝や源ノ角ゴシックのようなオープンソースのOTCフォントとは異なり、有償での販売だけの製品ですが発売されるということです。

貂明朝はAdobe CCユーザー向けにAdobe TypekitでWebフォント・デスクトップフォントとして利用可能です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい