Huawei、国内向けに「Huawei Mate 10 Pro」「Mate 10 lite」を発表 18:9ディスプレイ、AIチップ搭載でより賢くスマートな一台

Huawei Japanは11月28日、同社のAndroidスマートフォンのフラッグシップモデル「Mate 10 Pro」「Mate 10 Lite」を日本国内で発売すると発表しました。

Mate 10 Proは12月1日、Mate 10 liteは12月8日に発売し、価格はMate 10 Proが8万9800円Mate 10 liteが4万2800円(いずれも税別)です。

Huawei Mate 10(English)

AIチップ搭載のフラッグシップ「Mate 10 Pro」

「Mate 10 Pro」は、同社のフラッグシップ「Mate」シリーズの最新モデル。海外でも10月に発表したばかりの新機種です。

最も大きな特徴は、クラウド側ではなく端末側でAIの処理を行えるHuawei独自のチップセット「Kirin 970」を搭載すること。Huaweiでは、スマートフォンの端末自体へのAIの搭載を同社の戦略として打ち出しており、同機種はその第1弾に位置付けられています。

またディスプレイが有機ELのベゼルレスディスプレイであることや、メインカメラがデュアルカメラ構成であることなど、最新トレンドも押さえたスペックとなりました。

ディスプレイは6インチ2K+(2160×1080ドット)の有機EL、アスペクト比はMate 10 Proが18:9です。色空間はRGB+WhiteのRGBWで、消費電力を押さえながら美しい映像を楽しめるHDR 10に対応。iPhone Xなどとは違い、切り欠きや、角の丸いカットもない完全な長方形。何にも邪魔されずに大画面のベゼルレスディスプレイを楽しめます。ホームボタンはなく、Galaxy Note8などと同じディスプレイ下の内蔵式です。

カメラは引き続きライカとのコラボによるデュアルカメラ構成。メインカメラは2000万画素モノクロセンサーレンズ+1200万画素のRGBセンサーレンズの組み合わせです。スマートフォン史上最も明るいF1.6のレンズによりこれまでよりも明るい写真が撮れるようになりました。これまで同様に光学手ブレ補正ハイブリッドズーム(2倍)、像面位相差オートフォーカス(PDAF)、レーザーAFを搭載。

そして独自のAI画像処理エンジンを採用し、1億以上の写真で学習したというAIは、高速な被写体認識、シーン認識を可能に。犬や猫、食べ物、青空に雪、花など、写したいものが何かをVision EngineとAIが認識して「プロ級」な写真を撮影できます。

プロセッサはHuaweiのKirin 970内蔵メモリ(RAM)6GB、ストレージ(ROM)は128GBです。

OSは最新のAndroid 8.0。UXはHuaweiおなじみのEMUIでバージョンは最新の8.0。こちらにもAIエンジンを載せた「究極のパフォーマンス」を実現するといいます。

Kirin 970は世界初のモバイルAIプロセッサNPU(=ニューラルプロセッシングユニット)を搭載。NPUは画像認識などのタスクでCPUの25倍、GPUの5倍高速な処理を実現し、機械学習でリソース配分などをユーザーの使い方に応じて最適化。つまりは使えば使うほど、よりサクサク動きます。またアプリ起動時間や応答性の向上バッテリー駆動時間の延長画像認識や音声認識などローカル機械学習タスクの高速化も実現。クラウドを経由することなく、端末のAIにアクセスするので早くそしてよりユーザーに合った処理ができ、情報提供を助けます。

また新たに搭載するPCモードUSB-Cケーブル1本で直接ディスプレイに接続。マルチウィンドウでPCライクな作業を可能にします。

生体認証は指紋認証で背面に指紋認証があります

Mate 10 ProはIP67相当の防水・防塵に対応。Mate 10 Proにはイヤホンジャックは非搭載のため、USB type-C to 3.5mmジャックのアダプタを同梱します。

バッテリーは超大容量の4000mAh充電端子はUSB type-Cで、Huawei独自急速充電技術、Huawei Super Chargeに対応。30分で58%を充電可能で、ワイヤレス充電でも急速充電を利用できます。

通信は、Mate 10 Proでは4×4 MIMO256QAM3CC CAのサポートで下り最大1.2Gbps(Cat.18)をサポート。デュアルSIMスロットの両方がVoLTEに対応する新技術「DSDV」に世界で初めて対応します。

本体サイズはMate 10 Proが154.2×74.5×7.9mm、重量が178gです。

その他、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4G/5G)、Bluetooth 4.2 with BLE、aptX/aptX HD・LDAC HD Audio、NFCに対応しています。

カラバリはミッドナイトブルー、チタニウムグレーの2色展開。価格は8万9800円で、12月1日発売です。

18:9ディスプレイと4つのレンズ搭載の「Mate 10 lite」

Mate 10 liteは、Mate 10 Proと同等のデザインを採用しつつ、スペックを抑えたモデルです。

ディスプレイは5.9インチのフルHD+(1080×2160ピクセル)液晶で、アスペクト比は18:9。表面のガラスは2.5Dのカーブが描かれています。

大きな特徴は、背面のメインカメラとインカメラ、それぞれに2つのレンズを搭載した4レンズ構成となっていること。

フラッグシップシリーズとは違い、ライカと共同開発したものではありませんが、Huaweiが培ったデュアルレンズ技術により、2つのレンズの視差を生かした背景ぼかし撮影が楽しめます。

背面のメインカメラは1600万画素+200万画素で、人物の顔を美しく撮りつつ背景をぼかせるポートレートモードを利用できます。もちろん撮影した後にフォーカスを移動できる機能や、ワイドアパーチャーモードで一眼レフのような立体感ある写真を撮影することもできます。

インカメラは1300万画素+200万画素で、F値2.0の明るく高解像度な1300万画素レンズを主に使用しながら、200万画素のレンズで被写界深度 (DOF)情報を収集。これら2つのレンズを組み合わせることで正確に背景をぼかすことが可能になり、シングルカメラでできなかった描写を可能にします。フォトライトも搭載し、120度の範囲に光を当て、暗い場所でも自然な顔のトーンを記録できるとしています。

プロセッサはKirin 659(8コア)、メモリ(RAM)は4GB、内蔵ストレージ(ROM)は64GB

バッテリー容量は3340mAhで、外部端子はmicroUSBです。

生体認証として背面に指紋センサーを搭載。通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsで、デュアルSIMスタンバイ(DSDS)に対応。

本体サイズは約75.2×156.2×7.5mm、重量は164gです。

カラバリはオーロラブルー、グラファイトブラックの2色展開。発売は12月8日、価格は4万2800円です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい