au、2017年冬モデル4機種を発表 スマホはLG「isai V30+」とSHARP「AQUOS R Compact」をラインナップ

KDDI(au)は11月21日、2017年冬モデルとしてスマートフォン2機種、フィーチャーフォン2機種を発表しました。2017年12月中旬以降、順次発売します。auでは2017年秋冬モデルとして、すでにスマートフォン3機種を発売しており、今回のモデル追加により、スマートフォン5機種、フィーチャーフォン2機種のラインナップとなります。

《2017-18 冬モデルスマートフォンまとめ》

今回発表された冬モデルスマートフォンはLGの「isai V30+(LGV35)」とSHARPの「AQUOS R compact(SHV41)」。フィーチャーフォンはSHARPの「AQUOS K(SHF34)」と京セラの「GRATINA(KYF37)」です。

4機種はいずれも2017年12月中旬以降、順次発売。価格は現時点で未定です。

LG「V30+」

V30+は、LGが9月にグローバル向けに発表したベゼルレススマートフォン。「V20 PRO」の後継モデルですが、ほぼ全画面となる18:9の有機ELディスプレイや、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」への対応など、グローバルトレンドに沿った進化を遂げています。

「isaiブランド」を冠しますが、ドコモ版と同様、グローバル版の「LG V30+」をベースに日本向け機能を搭載したものです。au向けの仕様として、ドコモ版には無いカラー「モロッカンブルー」をラインナップするほか、端末設定でタブ表示を選べるなど、細かな仕様で差異があります。

ディスプレイは約6インチ(2880×1440ドット)、18:9の有機ELディスプレイ。4辺をベゼルレス設計として有機ELディスプレイを搭載し、HDR10規格のHDRコンテンツの再生をサポート。Always On機能を搭載し、画面オフの状態で時計などを表示できます。

メインカメラは、標準1650万画素(f1.6)と広角1310万画素)(f1.9)のデュアルカメラ構成インカメラは約510万画素

チップセットはQualcommのSnapdragon 835を搭載し、内蔵メモリ(RAM)は4GB、ストレージは約128GBで、最大256GBまでのmicroSDXCカードを利用できます。

OSはAndroid 8.0で、​​バッテリー容量は3060mAh、外部接続端子はUSB Type-Cです。生体認証として指紋認証センサーを背面に搭載します。

通信速度は下り最大708Mbps。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、フルセグ・ワンセグ、緊急速報メール、NFCに対応します。

またIPX58/IP6Xの防水・防塵性能に加え、MILスペックの耐衝撃性能も備えます。

本体サイズは約75×152×7.4mm、重さは約158g。ボディカラーはオーロラブラック、クラウドシルバー、モロッカンブルーの3色です。

《LG V30+の記事》

SHARP「AQUOS R Compact」

AQUOS R compact」は、同社のフラッグシップ「AQUOS R」シリーズのコンパクトモデルに位置づけられるAndroidスマートフォン。ソフトバンク版とは対応ネットワーク以外のスペックが共通で、ボディカラーはauオリジナルカラーとして「ローズピンク」をラインナップ。また「メタルブラック」はソフトバンク版の「トルマリンブラック」よりも光沢を抑えた色になっています。

日本のAQUOSとしては初めて、IGZOフリーフォームディスプレイを搭載し、3辺狭額縁デザインEDGEST fit」を採用。前面の上辺に沿ってディスプレイを丸めたデザインで、4.7インチスマートフォン相当の大きさで4.9インチへの大画面化を実現しています。

ディスプレイは120Hz駆動のハイスピードIGZO液晶を採用する、4.9インチフルHD+(2032×1080)ディスプレイ。YouTubeや自分で撮影した動画にも対応する「バーチャルHDR」や、液晶テレビ「AQUOS」から受け継いだ高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載し、写真や動画をきめ細かく色鮮やかに表示します。

メインカメラは焦点距離約25mmの1,640万画素の広角レンズを採用。「位相差AF」と「コントラストAF」を組み合わせた「ハイブリッドAF」を採用、狙った被写体を逃すことなく瞬時に思い通りの撮影ができます。インカメラはディスプレイ上部の切り欠き部分にあり、約23mm相当(35mmフィルム換算)の広角レンズを搭載しています。

チップセットはQualcommのSnapdragon 660内蔵メモリ(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GB

OSはAndroid 8.0、SHARPの話しかける人工知能「エモパー 7.0」を搭載し、別売りの振り向く充電台「ロボクル」にも対応します。

バッテリーは2500mAhで、IP68の防水防塵にも対応。Wi-Fiは 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、NFC、おサイフケータイ、指紋認証、ワンセグをサポートします。

本体サイズは約66×132×9.6mm、重量は約140g。

カラーはメタルブラック、ムーンホワイト、ローズピンクの3色展開です。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい