Googleマップがまもなくデザイン変更 車、交通機関、探索によって表示が変わり、スポットアイコンの配色がカテゴリ別に

Googleは11月15日(現地時間)、オンライン地図サービス「Googleマップ」のデザイン変更を発表しました。数週間中にもWeb版・モバイルアプリ版に反映される見込みでです。

Google Maps gets a new look

もはや現代人には欠かせないアプリとなってしまった「Googleマップ」ですが、今回アイコン表示の方法に改良が加えられることが発表されました。

新しい表示方法ではアイコンの色が追加されて見分けがつきやすくなるほか、目的によって地図の表示が変わる機能が追加されます。

これらの機能改善は、今後数週間の間にアプリやブラウザ版Googleマップに順次実装されて行く予定になっており、プラットフォームが変わっても、一貫した使い勝手が実現されるといいます。Googleマップだけでなく、Googleアシスタント、Google検索、Google Earth、Android Autoにも反映され、サードパーティーのサービスにも反映される予定です。

それでは新デザインを見ていきます。

1つ目は目的によって地図の表示が変わる機能

すでにAndroid版Googleマップでは「探索」「車」「交通機関」のモードで地図上に表示する情報を使い分ける機能が搭載されていますが、今後はさらに「ドライブ中はガソリンスタンド」「電車移動時には鉄道の駅」というように、それぞれのモードを使っているときに、必要な情報が重点的に表示されるようになります。

例えば「探索」には交通渋滞状況を表示しなかったり、「車」に地下鉄の駅を表示しなかったり、「交通機関」にガソリンスタンドを表示しなかったり、と表示する情報を絞ることで、目的のものが見つけやすくなります。これは便利!

もう1つは、情報のカテゴリ別にアイコンの配色が変わること

例えば飲食店はオレンジ、病院などのヘルスケア関連はピンク、ショッピング関連はブルーといった感じで、わざわざ検索しなくても、地図画面を見なくても目的の場所が探しやすくなります。

今回のアップデートで更新されるアイコンの色パターンはこんな感じ。「食事」や「買い物」「健康」「エンターテインメント」など8つのジャンルでアイコンが色分けされるようになります。

さらに、8つのジャンルの中でも小分類によってそれぞれサブカテゴリが設けられ、8ジャンルの色でアイコンの形で見分けられます。

「食事」「買い物」「エンターテインメント」のジャンルはこんな感じ。括弧で対象地域が明記されているものもありますが、日本のミュージアムは他の国とは違うアイコンが使われていたりと、地域に根づいたアイコンを使用しているようです。

こちらは「サービス」「健康」のジャンル。ここでも、日本の銀行や消防署、病院には他とは違うアイコンが設定されていますね。

「アウトドア」「交通機関」だとこんな感じのアイコンに。温泉のマークは昔からの温泉マークで馴染み深いですね。そういえば案内記号を変えるとかなんとか議論にもなっていた気もしますが、どうなったんでしょうか。

さいごは「公共サービス」「宗教」のジャンル。日本の郵便局と警察、学校、市役所、町村役場に独自のアイコンが設定されています。馴染み深い記号なので、とてもわかり易いです。

そして個人的に追加した「お気に入り」などのジャンルはこんな感じ。ちょっとだけシンプルなデザインに変更されましたね。

また新たにできた道路状況アイコンも、通行止めや工事中、事故などの表示がわかりやすくていいですね!

というわけでGoogleマップがまた使いやすくなりそう!やっぱり手放せません。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい