ONKYO、Googleアシスタント搭載の「スマートスピーカーG3」を11月下旬発売 Chromecast内蔵で臨場感あるサウンドをスマートに

ONKYOは、Google アシスタント搭載の高音質スマートスピーカー「スマートスピーカーG3(VC-GX30)」を11月下旬に発売すと発表しました。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後です。

ONKYO製品情報ページ

ONKYOの「G3」は、Google Homeと同じようにGoogleアシスタントを内蔵したスマートスピーカーです。

Googleアシスタントを搭載していることから、主な機能は「Google Home」と同じで、Wi-Fi経由でインターネットに接続し、音声でさまざまな操作ができます。「OK, Google」のコマンドとともに音楽を再生したり、ニュースや天気予報、Web検索などが可能で、テレビやスピーカー、照明などGoogleアシスタントに対応した家電も操作できます。予定の読み上げやアラームの設定もできます。

Chromecast built-in機能も搭載し、スマートフォンやパソコンの音源をストリーミング再生することに対応。また他のChromecast built-in製品に対してストリーミング再生をさせることも可能となっています。もちろんBluetoothスピーカーとしての利用も可能です。

筐体は木製で、剛性を高めてスピーカーユニットへの干渉の影響を低減させる設計に。

スピーカーユニットには、1.5倍の振幅量と力強い駆動力のマグネットを持つ新設計のカスタムウーファーを搭載し、中低音を強化。アンプ部には、高効率なスイッチングアンプを採用し、小型ながら力強いサウンドを実現。ユニット解析技術を元にした最適な重低音、及び中高音専用の独自信号処理技術を使い、小型ながら迫力のある音楽再生と、アシスタントの応答の聞こえやすさも実現しているといいます。

マイク特性を改善させるため、マイク基板を天面ラバー部に直接固定。他の筐体と接触しないフローティング構造を採用し、マイクに伝わる内部振動を抑制しフラットな特性を実現する事で、音楽を再生している間に問いかけても応答できるよう、アシスタントの応答精度を高めています。

Wi-Fiは2.4GHz帯と5GHz帯の両対応。Bluetooth 4.2でA2DPをサポート。Bluetoothスピーカーとしても利用できます。対応コーデックはSBCとAACです。

本体サイズは約120×168×123mm、重さは約1.8kg。カラーはブラックとホワイトの2色。

価格はオープンプライスで、予想実売価格は25,000円です。

なお、ONKYOは同じく11月下旬にAmazon Alexa対応のスマートスピーカー「P3」を発売します。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい