JR九州、新・熊本駅ビルの概要を発表 2021年春開業でアミュプラザ、シネコン、ホテルに水と緑の立体庭園も

JR九州は11月8日、熊本駅の白川口側(東側)に建設を予定している新たな駅ビルの概要を発表しました。在来線の高架化完了後の2019年春から工事に着手し、2021年春のオープンを目指します。

JR九州プレスリリース

「熊本駅ビル」は地上12階、地下1階建てで、商業施設とホテル、シネマコンプレックスなどからなる複合施設。JR九州は駅開業後も駅ビルの開発にあわせて住居なども開発し、駅周辺のまちづくりを進めます。

駅ビルは東口(白川口)駅前広場の南側に整備され、敷地面積は1万9000平方m、延床面積は10万7000平方m。立体駐車場も整備され、駐車台数は800台です。

熊本県内では初となるJR九州のファッションビルブランド「アミュプラザ」として商業施設が入居するとみられ、1~6階に専門店、6~7階に飲食店、7~8階にシネマコンプレックス、8階には結婚式場、9~12階にはホテルが設けられます。

専門店と飲食店が入るエリア(1~7階)には「水と緑の立体庭園」を設けます。同社によれば「水と緑のうるおいの中に店舗を配置し、憩いとにぎわいを感じる空間」にするといい、陸の玄関口『熊本駅』のにぎわいの創出、駅立地を活かした多機能施設整備による魅力の向上を目指します。

9~12階に入るホテルは、JR九州グループのプレミアム宿泊主体型ホテル「Blossom」をベースに、熊本駅直結の利便性に加え、新しい熊本駅に相応しい高品質なホテルになるとしています。客室数は200室を予定し、このほか結婚式場も設けられる予定です。

熊本駅とその前後のJR線では現在、線路を高架化して踏切を解消する連続立体交差事業が実施されています。2018年春には、高架化せずに残っていた豊肥本線と鹿児島本線(下り線)の高架化が完了する予定で、現在の0番のりばの跡地に新・熊本駅ビルの開発が計画されています。

高架化に伴って空きスペースとなる駅高架下には新たに商業施設がリニューアルオープンする予定。そのほか周辺エリアの開発も予定されており、住居や駐車場などが建設されます。

熊本駅は市内中心部の繁華街から離れている上、用地も無かったために、これまで商業施設の数は少ないままでした。しかし高架化に伴って確保できる用地に巨大な駅ビルが誕生することで、大分駅や鹿児島中央駅のようにJR九州ではおなじみとなった不動産・商業施設開発が行われ、熊本の新たな商業拠点となることが見込まれます。

開業は2021年春。オープンが今から楽しみです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい