AmazonのAIスピーカー「Echo」が来週日本上陸!北米No.1シェアの大本命 定額制音楽ストリーミングサービスも国内展開へ

アマゾンジャパンは、Amazon独自の音声型AIアシスタントサービス「Amazon Alexa」と、Alexaを利用するスマートスピーカー「Amazon Echo」など3機種を日本国内で来週発売すると発表しました。

Amazon Echoは事前申込みの招待制で販売し、Echoの価格は1万1980円、小型版の「Echo Dot」は5980円、上位機の「Echo Plus」は1万7980円(税込)。プライム会員向けには11月8日から優先販売を開始し、Echoは4000円引き、Echo Dotは2000円引きで購入できます。

Amazon Echo

Amazonの独自AIアシスタント「Alexa(アレクサ)」は、クラウドベースの音声会話型アシスタントサービスです。呼び方は「アレクサ」。

AppleのSiriやGoogleアシスタントのように、天気予報やニュース、スポーツの試合情報をたずねたり、音楽を選んで再生、タイマーやアラーム、リマインダやスケジュールの設定や確認ができます。

アメリカで2014年に発売を開始した「Amazon Echo」は、Alexaを内蔵した円筒形のスマートスピーカーで、北米ではすでに大きなシェアを獲得し、市場シェアはなんと70%にものぼります。

そんなAmazon Echo、そしてAlexaが待望の日本上陸決定です。

Alexaの日本版の開発にあたっては、同音異義語の多さに苦労したといい、全く新しい言語モデルを採用したそう。「アレクサ、のど飴を買い物リストに追加して」といった質問でも「飴」と「雨」をしっかり区別して認識。さらに、シルバーウィークやお盆、正月といった日本固有の行事を理解して、平方メートルを坪に変換したり、日本風の挨拶や俳句、なぞなぞもわかるそうです。

今回発売されるのはコンパクトサイズの「Echo Dot」(5,980円)高音質スピーカーを備える「Echo」(11,980円)、Echoにスマートホームハブ機能を追加した「Echo Plus」(17,980円)の3機種です。Echo Plusは外観はEchoとあまり変わらないですが、フィリップスのLED電球「Hue」など対応する家電を音声で操作できます。ちなみに無印Echoは別売りのカバーできせかえもできます。

AI機能を最低限のスピーカーで楽しむなら「Echo Dot」、音楽もいい音で聞きたいなら「Echo」、スマートホーム機器とがっつり連携したいなら「Echo Plus」といった選択ができますね。

「Echo」が他のスマートスピーカーと異なる点は「Skill」と呼ばれる拡張機能です。

たとえば、JR東日本が提供するSkillを使えば、同社在来線および新幹線の運行情報などが確認できたり、配車アプリ「全国タクシー」のSkillなら、Echoを使ってタクシーを手配することもできます。さらに、日産のSkillなら電気自動車LEAFのバッテリー残量を確認できたり、「ぐるなび」のSkillなら近くのお店を検索できたりします。

なお現在、NTTドコモ、クックパッド、KDDI、積水ハウス、SoftBank、NHK、JR東日本、三菱UFJフィナンシャルG、Yahoo Japan、リクルートHDなどの企業が開発中であることを発表。今後も100以上のパートナーから250以上のSkillが追加されるといい、その動向にも注目です。

またEchoの日本上陸に合わせて、定額制の音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」の国内サービス開始も発表されました。

Amazonは有料のプライム会員向けの付帯特典として「Amazon Prime Music」という音楽ストリーミングサービスを提供していますが、この「Amazon Music Unlimited」は対象となる楽曲を拡大

新曲から過去の名盤まで、4,000万曲以上という強力なラインナップで、オフライン再生、Amazon内のラジオチャンネルも楽しめます。従来のPrime Musicは100万曲なので、曲数の差は歴然です。

プランは以下の3つ。この他にも2カ月分おトクになる年額での支払いもあります。

  • 個人プラン(1アカウント用)…月額780円(プライム会員以外は980円)
  • ファミリープラン(最大6アカウント)…月額1,480円
  • Echoプラン(Echoの所有が必須:1アカウント用)…月額380円

 

Echoだけでなく、スマートフォンやタブレット、ブラウザ上でも音楽を再生可能。Echoに完全対応しており、Echoで「この曲を再生して」といった具合に、音声での操作も可能です。

「スマートスピーカーの本命」とも言われるAmazon Echoの日本上陸。既に日本で先行して発売されたGoogle HomeやLINE WAVEに果たして勝つことはできるのか。ますます白熱するスマートスピーカー戦国時代に、目が離せません。

《関連記事》スマートスピーカー戦国時代へ。Google、Amazon、LINE、Appleそれぞれのデバイスを比較する ”ポストスマホ”の未来のデバイスで何ができる?

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい