Twitter、英語などの文字数制限を140字→280字へ 日本語対象外も、半角英数字は0.5文字カウントに

Twitterは11月8日(日本時間)、英語などの言語で、ツイートできる文字数の上限を140文字から280文字に拡大したと発表しました。日本語・中国語・韓国語は対象外で140文字制限のままですが、半角英数字や半角記号を含む場合は「0.5文字」とカウントされるようになり、日本語ツイートでも半角英数字を含む場合は、従来よりも多い文字数で投稿できるようになります。

Twitter Official Blog

以前Twitterが一部の言語において最大280文字化へのテストを行なっているとお伝えしましたが、それが正式に決定しました。

文字数制限の緩和は、英語やドイツ語など、日本語、中国語、韓国語を除く言語が対象で、140文字から280文字に拡大しました。

ですが日本のユーザーの場合も、英数字や記号など半角文字のみでツイートすれば、280文字まで投稿が可能半角英数字・記号と全角日本語が混在する場合、半角は「0.5文字」とカウントされます。半角カナは「1文字」カウントです。

あわせて、文字数カウンターの仕様も変更。以前は、文字数上限の140からカウントがスタートし、1文字入力するごとに数字が1ずつ減っていく仕様でしたたが、新たに円形のゲージを表示するように。文字を入力するにつれて円が青色に変わっていき、10を切るとオレンジ色に変わって、残り文字数が数字でも表示されます。

Twitterの公式ブログによると、各言語の密度の違いが今回の文字数制限拡大に至った理由だといいます。

同社の調査によると、「言語の密度」の違いにより、140文字以内に情報を詰め込むことが難しく感じられる言語ではツイートの回数が少なく、「詰め込み感」が低い言語ほどツイート回数が多いことがわかったといいます。

画像のように、日本語では67文字で表現できる内容も、英語では140文字ギリギリ、スペイン語では154文字とオーバーしてしまっています。

そこで、同社では「詰め込み感」を減らすため、全ユーザー中の5%を対象に4〜6週間程度のテストを実施するとしています。

調査結果によると、制限の140文字に達するツイートは、日本語によるツイートでは全体の0.4%、英語によるツイートでは9%と、英語のツイートのほうが「詰め込まれている」ことがわかります。

また日本語のツイートのほとんどが15文字であるのに対し、英語は34文字でした。同社では、英語でツイートをする利用者とって文字数制限がフラストレーションを引き起こすと考える一方、日本語ではそのようなことがないと解釈しています。

今回の文字数緩和に日本語は含まれませんでしたが、半角英数字が0.5文字カウントになったのは便利です。

またまたTwitterが捗りますね!笑

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい