Sony、12年ぶりの犬型ロボット「aibo」を戌年1月11日に発売へ リアルなしぐさと愛らしい表情で賢いAIを搭載

SONYは11月1日(ワンワンワン!)、AIを内蔵した自律型エンタテインメントロボットの新型「aibo(アイボ:ERS-1000)」を発表しました。

2018年1月11日(ワンワンワン!)に発売し、価格は198,000円(税別)。販路はソニーストア限定で、11月1日午後11時1分より予約受付を開始します。

SONY aibo

aiboは、可愛らしい犬型ロボットで、「丸みを帯びた生命感あふれるただずまい」に、くるくると動く瞳、個性的な鳴き声、耳やしっぽや体のボディランゲージなどのふるまいで、オーナーの暮らしにのパートナーとなります。

「AIBO」(ERS-7M3)

AIBOといえば、先代は1999年に発売されて大ヒット。2006年までモデルチェンジを繰り返しましたが、製造を終了。2014年にソニーがサポートを終了したため、「永遠のペット」であったはずのAIBOは突然の死を迎えてしまいました。いまもsonyの元技術者などの有志が、旧AIBOの修理サービスを行うなど、非公式ながら対応は続いています。

そして12年たって2018年1月11日(戌年ワンワンワン!)、ソニーは再び、家庭用ロボットに参入します!それも前とおなじ犬型です。

新型aiboは、愛らしさ・知的認識・表現力・学習育成という4つの特長があります。

超小型1軸・2軸アクチュエーターを独自開発し、合計22軸の自由度を持たせて、愛くるしいなんともリアルなふるまいを実現。首をかしげたり、腰をふったりと、なめらかでやわらかに動けるようにしたといいます。瞳には有機ELを採用し、多彩な感情を表現します。

また多くのセンサー機能も備えており、周囲の環境を把握し、慣れ親しむことでaiboが歩く範囲を拡大。画像や音声の認識・解析にはソニーのディープラーニング技術を活用。魚眼カメラを用いた地図作成「SLAM」技術により、オーナーに寄り添った生活を実現するといいます。

これにより、呼びかけを待つだけではなくオーナーに能動的に働きかけるほか、オーナーからのやさしい言葉や、笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜んでくれることを学びます。周囲の環境を徐々に把握し、慣れ親しんでいくことで、aiboは自分の歩く範囲を広げます。

また人とのふれあいを重ねていくことで、aiboのふるまいに徐々に変化が生まれます。やさしいオーナーには愛情を返すようになり、さらにオーナーからの愛情を感じると、より深い愛情を返すようになるなど絆を深めていきます。これは、本体とクラウドが連携して実現するソニー独自のAI技術を活用し、AIがオーナーとのやり取りを学び、aiboを個性的に成長させていきます。

LTE対応のSIMを内蔵していて、利用には通信機能「aiboベーシックプラン」への加入が必要です。料金は3年契約、一括払いで9万円もしくは月額2980円です。

CPUはQualcommのSnapdragon 820。瞳のディスプレイがOLED×2、カメラ機能が前方カメラとSLAMカメラ。なんだかスマホのようです。

Wi-FiはIEEE 802.11b/g/n、外形寸法は180×305×293mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.2kg。消費電力は約14Wで、連続稼働時間は2時間。充電時間は約3時間で、チャージステーションが付属します。

専用アプリ「My aibo」により、aiboの撮影した画像を閲覧できる「aiboフォト」やふるまいを追加できる「aiboストア」などが提供され、aiboの骨型のおもちゃとなる専用アクセサリ「アイボーン」(ERA-1020)も2,980円で発売します。

とんでもなく愛くるしい表情で見つめてくるaibo。欲しくなってしまいますが、価格は198,000円(税抜)。価格はロマンありです…。販路はソニーストア限定で、11月1日午後11時1分より予約受付を開始します。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい