“JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ”で西日本を制覇!上越妙高から博多まで1日で行ってみた #JR西日本制覇の旅

こんにちは豆助です!

以前、当ブログでもご紹介したJR発足30周年の記念きっぷ「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」

10月28日にこのきっぷを使ってJR西日本エリアを縦断する「JR西日本制覇の旅」をしてきました!

今回はその旅の模様をお届けしたいと思います。

Twitter Moment 「JR西日本制覇の旅」

JR西日本30周年記念乗り放題きっぷとは

まずは今回使ったきっぷについて。

「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」は国鉄分社後のJR発足30周年を記念してJR西日本が発売した記念きっぷです。10月の土休日に、JR西日本全線などの新幹線、特急、普通列車が1日乗り放題になります。

価格は、大人が10,000円、子供はなんと1000円です。(子供用のみの購入及び利用は不可)

発売期間は9月1日(金)から10月15日(日)までで、利用日の1か月前に発売開始。1利用日あたり3000枚までの枚数限定で、インターネット予約サイト「e5489」にて発売されましたが、サイトのアクセスが殺到し、私も全く購入できませんでした。

ようやく利用期間の最終日、10月29日のきっぷを一緒に行く予定の友人がゲットし、これで旅を行えました。感謝。

さて、利用できる列車は以下の通りです。

  • JR西日本全線の新幹線、特急、普通(新快速、快速含む)列車の普通車自由席
  • 智頭急行、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道(市振~糸魚川)の特急、普通列車の普通車自由席(乗車整理券やライナー料金が必要な列車を除く)
  • JR西日本宮島フェリー

なお、新幹線や特急、普通列車のグリーン車普通車指定席などに乗車する場合は、必要な料金券のほか乗車券も必要です。(乗り放題きっぷ対象は自由席のみ

それでも普段は数万円かかるような旅がたった1万円できるとあって、大変オトク。今回の旅も自由席のみで行ってきました。

京都からサンダーバードに乗って北陸へ

こちらが今回使うきっぷ。

まずは最寄り駅から乗車して京都に向かいます。

そして京都6:59発の特急サンダーバード1号に乗って、一路金沢へ。ここで大阪から乗っていた友人と合流しました。

サンダーバードに乗ること約2時間、9:13に金沢駅(石川県)に到着。

ここで乗り換えて、北陸新幹線に乗ります。

北陸新幹線は、前に金沢に来たときに入場券を買ってまで見に行きましたが、乗るのは初めて。

今回は各駅停車の金沢9:21発「はくたか」558号に乗って、東へ向かいます。ちなみに車両はE7系。JR東日本のものでした。

JR西日本エリアの北端・上越妙高

約1時間乗車して10:24、新潟県は上越妙高駅に到着です。

上越妙高はJR西日本とJR東日本の境目となる駅。つまりはJR西日本エリアの北端です。

駅自体はJR東日本の管理で、駅のJRマークは東日本の緑色。(写真の像は駅前にある上杉謙信公像)

駅のサインシステムもJR東日本カラーで、新幹線は「緑色」でした。

上越妙高には20分ほど滞在。すごくきれいな駅で、木組が美しいドーム型天井が印象的でした。

ちなみにこれで新潟県は初上陸。日本全国47都道府県制覇まで、残り6県となりました。

そして再び10:48発「はくたか」557号に乗って金沢へ。北陸新幹線、快適でした。ただ電波は悪い…。

古都金沢でお昼ごはん。しかしトラブル発生

11:52、再び金沢駅に到着。

ちょうどお昼時ということで、ちょっとだけ観光して、お昼ごはんを食べます。

まずはバスに乗って金沢城へ。台風接近に伴う雨と、この日行われていた金沢マラソンの影響でバスが遅れ、わずか15分の滞在に…。ほんとは兼六園も行くつもりでしたが断念しました。それにしても美しいお城です。古都金沢の美の象徴ですね。

そして駅へ戻って、名物の金沢おでんを堪能。あっさり塩味のだしの利いたつゆがなんとも美味!最高です。

が、ここでトラブルが発生。なんと台風の接近で特急サンダーバードが通るはずの湖西線が運転を見合わせ。終日運休するということになってしまいます。

サンダーバードは琵琶湖線・米原経由での運転となりますが、遠回りになるため約40分遅れることに。とにかく、サンダーバード運休にはならなくてよかった…。

残念ながら予定していた新幹線に乗ることができなくなったため、今後のスケジュール変更を余儀なくされます。

そして13:20発・特急サンダーバード24号に乗って大阪へ向かいました。

ちなみに米原駅(滋賀県)はJR東海との境界駅。思わぬところで、JR西日本エリアの境界駅にきてしまいました。笑

新大阪駅で美しい夕陽

16:35、予定より36分遅れで新大阪駅に到着。

新大阪駅では、まさに「台風一過」というような美しい夕陽が見られました。

ちなみに新大阪駅といえば、東海道新幹線と山陽新幹線の境界駅。つまりはここから東がJR東海の駅なんですね。なのでサインシステムはJR東海カラーの「オレンジ」。在来線はJR西日本が管理しているので、「青」のサインシステムが見られます。

そして16:42、山陽新幹線「のぞみ」39号に乗車。西へ向かいます。

残念ながら自由席は満席で立ちっぱなし。福山駅を過ぎたところでようやく座れました。

広島でお好み焼きを堪能

18:08、新幹線で広島駅に到着。本来はちょっと観光する予定だったのですが、サンダーバードの遅れと新幹線ダイヤの関係で1時間ほどショートステイに。

というわけで、広島名物のお好み焼き「そば肉玉」を堪能することに。

いやこれが本当に美味しかった!

広島駅では「レールスター」が並んでいる様子も見られました。

1時間ほど滞在して19:04に山陽新幹線「のぞみ」43号に乗車。ついに最終目的地、博多へ向かいます。

旅の最終目的地、九州・博多に上陸

20:10、旅の最終目的地である九州・博多駅(福岡県)に到着です!

本当のJR西日本エリアの西端はJR博多南線(新幹線の車両基地があり、博多駅からの回送線を旅客線化した路線。新幹線の車両で”在来線”に乗れる珍しい路線。300円で新幹線に乗れる)の博多南駅ですが、土日祝のこの時間は1時間に1本しかなく、ダイヤ的に行けないので断念。山陽新幹線の西端・博多で我慢します。

僕の故郷、福岡で懐かしさを感じながら周辺をちょっとだけ散策。2011年に完成した巨大な駅ビル、JR博多シティはこの日も活気づいていました。

そして旅の締めに、博多ラーメン!やっぱり最高です!

帰るまでが旅

Twitterで今回の旅のあいだ、ずっとつぶやいたりしていたのですが、「最終目的地、博多に到着しました!」というツイートに、たくさんの方から「お疲れ様ー!」の声を頂いたのですが、まだまだ旅は終わりません。帰るまでが旅、ということで、最後までJR西日本30周年記念乗り放題きっぷを使い倒します。

21:09発、九州新幹線直通の山陽新幹線「みずほ」610号に乗って新大阪へ。

この新幹線、新大阪まで向かう最終の新幹線ということで自由席は大混雑。早めに並んだので座れましたが、岡山あたりまでずっと多くの方が立って乗車していました。

そうして23:37、新大阪駅へ戻ってきました。ただいま関西!

ですがゆっくりもしていられず、在来線ホームに走ってJR京都線に乗車。

今回のきっぷは、大阪の特定区間内であれば日をまたいでの終電まで乗車が可能なもの。

0時をすぎて京都駅について、駅員さんに下車印を押してもらいました。これでJR西日本30周年記念乗り放題きっぷの利用は終了!最寄りまではICカードで帰りました。

各地の下車印のあるスタンプは旅の証。

そうして無事終電で家に帰り、今回のJR西日本制覇の旅も終了です!

きっぷの左側の赤いスタンプは新幹線の自動改札で押されるもの。ここに「金沢」と「上越妙高」のスタンプがありますね。

このスタンプはきっぷ1枚で3回まで自動で押されるので、記録を残したいときは駅員さんに「下車印」を押して下さい!というと気軽に押してくれます。

JR西日本エリアを北から南まで縦断し、駅名印のあるこのきっぷはまさに旅の証です。

今回の旅の記録を書いてみると、

  • 総移動距離:2168km(JR線乗車距離)
  • 制覇府県:12府県
  • 通常運賃:59,000円 (切符価格:10,000円)

とまあ1日で移動する距離じゃないですね笑 18きっぷではこうはいきません。

でも下車した各駅で、各地の美味しいものを食べられて大満足の旅でした。

一緒に行ってくれた友人に感謝です。本当に楽しかった!

というわけで、#JR西日本制覇の旅 レポートでした!

Twitter Moment 「JR西日本制覇の旅」

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい