Sony、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー「LF-S50G」を発表 音質重視で360度サウンドに対応

Sonyは10月26日、Googleアシスタントに対応したスマートスピーカー「LF-S50G」を発表しました。

発売は2017年12月9日を予定し、価格は2万5000円前後(税別)を想定しています。

Sony LF-S50G

LF-S50Gは9月の「IFA 2017」で発表されたsony独自のスマートスピーカー。

Googleアシスタントを搭載していることから、主な機能は「Google Home」と同じで、Wi-Fi経由でインターネットに接続し、音声でさまざまな操作ができます。「OK, Google」のコマンドとともに音楽を再生したり、ニュースや天気予報、Web検索などが可能で、テレビやスピーカー、照明などGoogleアシスタントに対応した家電も操作できます。予定の読み上げやアラームの設定もできます。

では他のスマートスピーカーと比べた時の優位点は何なのか。

それは、ソニーならではの高音質な360度サウンド防滴機能、ジェスチャーコントロールなどの操作性、そしてデザインです。

デザインは高さ16cmほどの円柱形のシンプルな形状。ボディ底部のパーツは鏡面仕上げで、机の模様などを反射してインテリアになじみやすいデザインになっています。

360度方向にサウンドを出力できるスピーカーは、スピーカーに対してどの方向にいても、クリアに音声が聞けるよう設計。家の中で多くの人が集まりやすいリビングの中央にスピーカーを置いて、どこからでも高音質で音楽を楽しめます。

具体的には、音声の発音に適したサブウーファーを下向きに、低音域を鳴らすフルレンジスピーカーを下向きに配置。その中間に、上下からのサウンドを360°に分散させる「2ステージディフューザー」を配置することで、音を全方位に拡散。スピーカーとディフューザー(拡散器)の距離をコンマ数mmで調整することで、より広範囲に音を放射できるよう工夫されています。また、ディフューザー自身の振動も抑え、クリアなボーカルと力強い低域を両立させたといいます。

そして操作性の面ではIPX3相当の防滴仕様本体に触らず音楽の一時停止や再生、曲送りなどができるジェスチャー操作をサポート。側面にLEDで浮かび上がる時計表示もあるので、キッチンタイマーや時計としても簡単に使えます。

天面に指を触れずにジェスチャーでボリューム操作や選曲などが可能なジェスチャーコントロール機能を搭載し、NFCによるワンタッチ接続機能もサポートしているので、スマホをかざすだけで接続できます。

また防滴なので、メッシュ部分は簡単に取り外せ、水洗いも可能です。

また今後のアップデートで、sonyのアクティブスピーカーで採用されている「おまかせ音量」にも対応予定。周囲の音に合わせて自動で音量を上げ下げしてくれるため、両手がふさがっている状態でも、例えばキッチンの水音がうるさいときは、音量を上げてくれます。

これらの機能のほかにも、LF-S50G自身がChromecast built-in機器NFCでペアリング可能なBluetoothスピーカーとしても動作します。そのためGoogle Home非対応のネットの音楽配信サービスだけではなく、スマホ内の音楽を一般的なBluetoothスピーカーとして手軽に楽しめるようになっています。

カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、ブルーの3色。Xperiaスマートフォンに合わせたカラーです。

本体サイズは110×162mm(直径×高さ)、重量は750g

電源はACアダプターで、スピーカーの実用最大出力は18W。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.2とSBCコーデックをサポートします。

発売日は12月9日を予定。予想実売価格は2万5000円(税抜)前後です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい