Google Home Miniがやってきた!開封・設定の仕方と、使って分かったできること・できないこと長編レビュー

10月23日に日本で発売が開始されたGoogle Home Mini。今月頭に先に発売されたGoogle Homeとあわせ、Googleアシスタントを搭載するスマートスピーカーが盛り上がっています。

私もGoogle Home Miniを購入しましたので、今回は開封・設定の仕方と、使って分かったできること・できないことをレビューしたいと思います。

【開封編・設定編を飛ばし読みする場合はここをクリック】

【Google Home / Google Home Miniの記事はこちら】

開封の儀!

パッケージはこんな感じ。正方形です。

今回購入したカラーは「チョーク」です。Google Home Miniには、Google Homeのような着せ替えシステムはないので、代わりにチョーク/チャコール/コーラルの3色のバリエーションがあります。

さっそくオープン!なんだか可愛らしい丸っこい本体が登場です!

同梱物はこんな感じ。説明書が3種類と、Google Home Mini本体、そしてmicroUSBの電源ケーブル(Gマーク入り)が入っています。

第一印象としては「小さい」!ちょうど手のひらにのるサイズで、家の中のどこにおいてもインテリアの邪魔をしません。

大きさは、直径98mm高さ42mm。色んな人が言っていますが、ほんとに「肉まん」って感じのサイズ感です。

本体裏の側面には、電源ケーブルを挿すUSBポート、ミュートボタンがあります。裏面はラバー素材で、滑りにくくなっています。

さて早速電源を入れてみましょう。USBをつなぐとすぐに光りだして、ピコンピコン!という音ともに電源が入ります。

ちなみに本体の操作はタップ操作でも可能。左側をタップで音量ダウン、右側をタップで音量アップができます。なお現在、「常時録音されてしまう不具合」のため、中央をタップしての操作はできなくなっています。

さて設定!

さて設定編に移ります。

設定を開始するには、スマートフォンに「Google Homeアプリ」をインストールします。(iOSAndroid

アプリを開くと「Google Home Miniが見つかりました」と表示されるので、「次へ」をタップして進んでいきます。

まずはGoogle Home Miniから音がなって、これで自分のGoogle Home miniであることを確認できます。

そして置いてある場所を選択。

次にWi-Fiを接続。使用するネットワークを選んで進みます。家にWi-Fiがないと、そもそも使えませんのでご注意くださいね。(ビックカメラの店員さん曰く、Wi-Fiがないのに買おうとしたお客さんもいた、とのこと)

そして「声」の登録を行います。「OK, Google」「ねえ、Google」を2回ずつ言って、Googleアシスタントが認識できるようにします。

それが終わればアカウント情報にアクセスすることを許可するダイヤログが表示されるので許可をタップ。

続いて住所を入力。これは交通情報や天気の情報、近くのお店と行った情報を検索するのに使われます。

そして音楽サービスの選択をします。現在はGoogle Play MusicまたはSpotifyの利用が可能。

ちなみにGoogle Play Musicは、自分の持っている曲をアップロードして聞くことのできる無料プランと、月額980円で洋楽も邦楽も聴き放題のプラン、そして家族でライブラリを共有できるファミリープランがあります。自分の持っている曲を5万曲までアップロードできるので、自分だけのライブラリを作ることが可能。僕もPlay Musicを使ってもう1年半ほど経ちましたが、自分の持っている曲と、聴き放題の膨大なコンテンツのおかげで快適な音楽ライフを送っています。月980円で聴き放題、PCでもスマホでもGoogle Homeでも同じライブラリから再生できて、「ラジオ」や「ステーション」といったオリジナルのおすすめプレイリストなどもあり、新しい曲を発見できる楽しみもあります。最初の30日はお試し無料なのでよかったら登録してみると良いでしょう。もちろん無料でも、自分の曲をupでにるので十分です。

話がそれましたが、これで初期設定はほとんど終わり。ここまでの内容を確認したら、Google Home Miniのソフトウェア更新がスタート。3~4分で終了して、準備が整えば、使い始められます!

セットアップに使用したGoogle Homeアプリでは、デバイスの欄に登録したGoogle Home MiniやChrome castなどのデバイスが表示され、右上のメニューボタンから設定を選ぶと、右画像のような詳細設定が開きます。ここでも様々なカスタマイズを行うことができるので、自分好みの動作をさせることができます。

Google Home Miniで便利だったこと

Google Homeでは「OK, Google」もしくは「ねえ、Google」と話しかけ、ニュースや天気情報、交通情報に加え「23×89は?」「月までの距離は?」など、ユーザーの知りたい情報を返答します。

いつものようにGoogle検索する感覚「ここから○○駅までの行き方」や、「この食材のカロリーは」など知りたいことを尋ねることができたり、タイマーや目覚ましをセットしたり、Googleカレンダーの予定を確認・登録したりすることも可能です。もちろんGoogleアシスタントと会話を楽しむこともできます。

ニュースの読み上げでは、日本の各メディアと連携しニュースのききとりが可能。媒体名を指定してニュースを聞くこともできます。

対応サービスは記事執筆時点で、朝日新聞アルキキ、NHK ラジオニュース、公式ITニュース(Voicy)、J-WAVE TOKIO HOT 100、スポニチ、TBS ラジオ、日経電子版NEWS、ニッポン放送、毎日新聞、ラジオクラウド、ラジオNIKKEIです。

これが実はかなり便利で、「今日はどんな日?」もしくは「おはよう」と話しかけると、その日の天気・交通状況・次の予定・リマインダー・最新ニュースを読み上げてくれます。

朝起きて「Ok, Google おはよう」と声をかけるだけで、家を出る前に知っておくべき情報を全部知れるわけです。

もちろんこれも上記画像のように設定で変更可能。ニュースの順番を変えたり、読み上げるニュースを絞ったりできます。また一日のお知らせの項目も必要ないものは消しておけます。

そして話者の識別機能もあり、最大6人のユーザーを識別することが可能。家庭内でお父さんが聞けばお父さんの、お母さんが聞けばお母さんのスケジュールが読み上げられるといった具合で、1台のデバイスを家族で共有できます。

また、Google Play MusicやSpotifyなどの音楽配信サービス、YouTubeやNetflixなど動画配信サービスとも連携します。音楽配信サービスはリリース時点で「うたパス・ビデオパス」「Google Play Music」「Spotify」「Netflix」「ラジコ」「YouTube」で、音楽なら「○○のプレイリストを再生」「○○の曲を流して」というとすぐに再生を開始してくれます。動画配信サービスでは、テレビにHDMIで接続するストリーミングデバイス「ChromeCast」と連携させ、例えば「OK Google、Netflixで『ウォーキング・デッド』を再生して」などと話しかけると、テレビで自動的に再生が開始します。再生中は「一時停止して」などとテレビの操作を声で行なえます。

これを実際にやってみたのがこんな感じです。

このほか、Google Homeと連携できるActions on Google機能も用意し、スマートフォンで調光できるLED照明「Hue」などスマートホーム用デバイスとの連携で、電源オンオフや明るさの調節を「OK Google、電気を消して」といった音声で操作できたり、スマートフォンで使っているアプリを声で呼び出したりできるようになります。

先日日本向けサービスの開始が発表され、現時点ではAmebaやSUUMO、食べログといったサービスが対応を発表しています。

個人的に便利だなあ、と思ったのがこの「ショートカット機能」。設定を開くと一覧で例が表示され、右下の「+」マークから自分好みのショートカットを作成できます。実際に何と声をかけてコマンドを起動するか、そしてGoogle アシスタントがそれをどのように認識してほしいかを入力。上の例では「いつもの曲をかけて」と言ったら、「Google Play Musicで feature というプレイリストを再生」するように設定。これで、よく使うけど言うと長いようなコマンドを短い言葉で済ますことができます

特にradikoと連携したラジオ再生では、ラジオ局名を正しく言えないと認識できない、という事があるようで、ショートカットでそれを登録しておけば、かんたんに再生できますね。(例えば、エフエム北海道は通称「AIR-G」だが、これでは反応しないので、「AIR-Gを流して」と言ったら、Googleアシスタントに「radikoでエフエム北海道を再生して」と命令するようにしておく、など)

そしてもちろん、タイマーのセットも簡単。「○分タイマーをセットして」「○時にアラームを鳴らして」などと言って、簡単に目覚ましやタイマー代わりに。

意外にも、マイクの性能がよく、リビングに置いているGoogle Home Miniにちょっと離れたキッチンからタイマーをセットして、と言ってもちゃんとセットしてくれました。ちなみに止めるときは「タイマーをストップ」といえば止まります。

また寝ぼけてる夜や朝の聞き取りづらいような声で「OK Google 明日8時に起こして」と言っても、よっぽどじゃない限りはちゃんと聞き取ってくれるのでありがたいですね。

もちろん「月までの距離は?」「おはよう、をスペイン語で」なんて質問もちゃんと応えてくれるのでさすがGoogleといったところ。

またAndroid端末のみですが、「スマホを探して!」と話しかけると、「Xperia XZを最大音量で鳴らします、よろしいですか?」と言って「はい」と答えると、スマホから音を鳴らしてくれます。家の中でスマホが行方不明になったときは試してみてもいいかも。

Google Home miniの「ここはまだまだ」

Google Home Miniをしばらく使ってみて、ここはまだまだだなあ、と思ったポイントをいくつかあげてみます。

まずは音質。音質は確かに思っていたよりは高く、低音こそ軽いものの高音はそれなりに出ている気がします。ですが「スマートスピーカー」と言うからには、もう少しいい音であってくれたらな、と思います。スピーカーとしての性能は40mmドライバが1つだけです。そういう人のための「Google Home Max」なのかもしれないけれど。でもまあほんとにいい音で聞きたいときはスピーカーを使うし、スマートスピーカーとしてのメイン機能はアシスタントですので、そこは十分だと思います。

もうひとつ音関連で、「他のスピーカーに繋げない」という点。確かにChrome Cast Audioを買って既存のスピーカーに繋いだり、Chrome Cast Build-inのスピーカーだったりすれば、Google Homeから別のスピーカーで音楽を再生させることができます。しかしライバルとも言えるAmazon Echoなどは、オーディオIN端子があったり、Echo自体がBluetoothの親機になってスピーカーと接続できたりするので、その点はGoogle Homeが劣っていると言えるでしょう。まあ、Chrome Cast買えば良いんだけど。

そして肝心のGoogleアシスタントですが、やっぱり痒いところに手が届かないなあ、って思うことも多々。たとえば駅までの経路を検索することができて、それを読み上げてくれるけど、「詳しく聞きたい」というと、「すみません、お役に立てそうにありません」と。スマホに情報を転送したりすることもまだできません。他にも「明日の天気」と「明日の天気を詳しくはどちらも「明日は雨でしょう、最高気温22度、最低気温14度の見込みです。」しか教えてくれない、であったり。

なんだかもう少し頑張って欲しい点は多々あります。ですが、今後は前述のActions on Googleサービス拡大や、ソフトウェアアップデート、そしてAI自体の機械学習によってより賢くなるであることは確実です。

おわりに

というわけで長編でGoogle Home Miniにのレビューをお送りしました!

6480円という低価格ながら、Googleアシスタントによるまさに「未来体験」ができるデバイス、スマートスピーカーが我が家にやってきました。

見た目も小さくて、かわいらしく、今後も改善されていくのが間違いないデバイス。Googleに身の回りのサービスを全部頼り切っている身としては、完璧なスマートスピーカーです。

アメリカではAmazon Echoが快進撃を続けていますが、果たして日本ではどのデバイスが勝利するのか。

あなたの家にも、ちょっと未来を置いてみませんか?

 

【過去記事】スマートスピーカー戦国時代へ。Google、Amazon、LINE、Appleそれぞれのデバイスを比較する ”ポストスマホ”の未来のデバイスで何ができる?

【スマートスピーカー関連記事】

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい